【左ききのエレン】クリエイティブ系の人々が絶賛の原作がドラマ化!あらすじや見どころは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
左利きのエレン

こんにちは、あやねぇです。

クリエイティブ系や働く人の間で話題となっている原作「左ききのエレン」が深夜ドラマで映像化されることが決まりました!

若者たちの「何者かになりたい」「何者にもなれない」という葛藤と、その羨望をうける天才アーティストの生き方を描く作品となりそうです。

期待の若手俳優・神尾楓珠さんと池田エライザさんの共演でどんな化学反応が起こるのでしょうか!
(広告代理店で働く身としてはかなりグサグサ来そうなドラマでドキドキです…)

引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/

tvlog

【左ききのエレン 】キャスト紹介!!期待の若手俳優が共演!

「左ききのエレン」はクリエイターの若者の葛藤を描いた作品です。今、まさに渦中にいる人たちや、あの頃の自分を思い出して胸が痛くなる人もいるのではないでしょうか?

【ドラマ情報】

MBS 日曜 深夜 0:50〜1:20
TBS 火曜 深夜1:28〜1:58
初回 MBS 10月20日・TBS 10月22日スタート
出演 神尾楓珠 池田エライザ
脚本 根本ノンジ
公式サイト https://www.mbs.jp/eren_drama/
公式ツイッター https://twitter.com/eren_drama
公式インスタ https://www.instagram.com/eren_drama/

引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#cast-staff

朝倉光一 役(神尾楓珠)

左利きのエレン,キャスト
引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#chart

ずば抜けた才能もなく、平凡ではあるがものづくりは好き。アーティストではなく広告代理店のデザイナーとなった。

神尾楓珠くんと言えば、2018年に放送されていたドラマ「恋のツキ」で年上の女性との恋の落ちる役を演じていましたね。今回はどんな役となるのか、今から楽しみです。

山岸エレン 役(池田エライザ)

左利きのエレン,キャスト
引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#chart

左利きで絵の才能に溢れる人物。しかし父親の死をきっかけに描くのをやめてしまった。

池田エライザさんは深夜ドラマでさまざまな役にチャレンジされていたり、auの親指姫で話題になっている方ですね。エレンというアーティスティックな役でどんなエライザさんが見られるか期待してしまいます。

【左ききのエレン】あらすじ・見どころ 天才になれなかった主人公×天才であり続けたエレン!

「左ききのエレンのエレン」は広告代理店で働く主人公の葛藤や、天才と呼ばれたアーティストの苦しみを描いた作品です。

気になる第一話のあらすじや、その他のチェックポイントをご紹介していきますね!

左利きのエレン,キャスト
引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#chart

広告代理店で働く主人公と天才と呼ばれたアーティストの出会いとは?

高校時代、美術部の幽霊部員だった朝倉光一(神尾楓珠)は広告代理店に就職し、駆け出しのデザイナーとして働いていた。

ある日予算3億の仕事でロゴデザインをまかされ、がむしゃらに取り組んでいく。しかし光一は社会人の厳しさを知る出来事に直面することとなった。

そんな時に思い出されるのは、高校時代に出会った山岸エレン(池田エライザ)のこと。エレンが書いたグラフィティアートを初めて目にした瞬間、本物だと感じたあの日。“何者”にもなれない光一はどうやって自分と向き合っていくのか…。そしてエレンとの関係は…?

【左ききのエレン】見どころ 原作や監督、スタッフにも注目!

「左ききのエレン」原作者のかっぴーさんも、元々は広告代理店で働いていました。そして今は漫画を中心とした活動をされています。

原作者自身の経験を活かした「左ききのエレンのエレン」は、一体どのようなスタッフで作り上げられているのでしょうか?

原作は『ジャンプ+』でリメイクされた漫画

かっぴーさんの漫画「左ききのエレン」はもともとウェブサイトの『cakes』にて連載されていました。

そしてその内容が話題を呼び、『cakes』で連載されていたものを『ジャンプ+』でリメイク。2019年現在も連載中です。

『cakes』ではかっぴーさんが話も作画もどちらも担当されていますが、『ジャンプ+』のリメイク時には原作かっぴーさん、作画nifuniさんに変更されています。

脚本と監督は2019年夏ドラマの名手!

脚本は2019年の夏ドラマ「監察医 朝顔」を執筆されていた根本ノンジさんです。そして監督を務めるのは同じく夏ドラマ「ボイス 110緊急司令室」でプロデューサーと演出を担当されていた後藤庸介さん!!

なんと!夏ドラマの二人が一緒になって作ってるんですね。それを知って俄然興味が湧いてきました。

また今回のドラマ枠「ドラマイズム」は「賭ケグルイ」や「スカム」などを放送していた枠。なかなかハードな内容や、自由な発想の制作が行われている印象ですよね。

今回の「左ききのエレン」がどのようなドラマになっているのか、放送開始と同時に確認したくなります。

Adobeとコラボでコンテストも!

左利きのエレン,あらすじ
引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/

主人公の朝倉光一が務める「目黒広告社」。こちらは実際には存在しないフィクションの会社ですが、ドラマ化を記念してポスター制作のコンテストが開催されるようです。

しかも最優秀作品はドラマの最終回に登場が決定していて、さらに賞金が10万円!

アートやデザインが好きな方は、これに応募しない手はないですよね。締め切りは10月27日。詳しくは下記サイトからご確認ください。

https://adobe-eren.jp/drama/

主題歌は今話題のポルカドットスティングレイ

左利きのエレン,あらすじ
引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#music

「左ききのエレン」主題歌はポルカドットスティングレイの「女神」に決定。ドラマのために書き下ろされたナンバーです。

ボーカルの雫さんは、「「女神」というタイトルは「アトリエの女神」と呼ばれたエレンをイメージしたものだ」とコメント。予告で流れているのを聞いてみると、疾走感のある曲でとてもドラマにあっていますよね。

左利きのエレン
引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#music

そしてエンディングテーマにはGOOD ON THE REEL 「あとさき」が決定。原作者のかっぴーさんとほぼ同世代ということで、原作漫画にとても共感したとのこと。どんな楽曲なのか、本放送で確認必須ですね!

参照:https://www.mbs.jp/eren_drama/#music

【左ききのエレン】キャストのインタビューコメント

神尾楓珠さんのコメント

神尾さんは「元々原作を知っていた」ようです。そのため、「今回朝倉光一として演じられることを嬉しく感じています」とコメントをしていました。

作品については「この作品は「天才になれなかった全ての人へ」というキャッチコピーがありますが、僕自身もその中の一人なので、演じる上で皆さんに何かを届けると同時に自分としても何かを見出せるように向き合いたいと思います」と意気込みを語っていました。

原作を知っていた神尾さんが主人公をどのように演じるのか?やはり本放送で確認せねばですね。

池田エライザさんのコメント

池田エライザさんも「原作はずっと追って読んでいます」とファンを公言。

原作の魅力については「登場する人物たちの台詞に何度も刺激を受けました。ぼーっと鈍感に生きていると勿体無いなあ。と思わせてくれる作品」と絶賛。原作も読みたくなる人が多くなりそうですね!

そして本人も左利きということもあって「勝手ながら親近感を感じている作品」とも言っています。

エレンというキャラクターについては「天才エレンの苦悩は計り知れませんが、しっかりと向き合います」とコメント。エライザさんの演じる天才を早く見たいですね。

引用元:https://www.mbs.jp/eren_drama/#intro

【左ききのエレン 】みんなの期待度は?

まとめ

働く人や、クリエイティブ系、何か自分を探している人に刺さりまくってる原作のようなので、深夜ドラマながらコアなファンが付きそうな予感!しかも天才のエレンを池田エライザさんがやるとのことで、こちらも期待してしまう要因ですね。なにせかわいい。そして天才って。完璧すぎませんか?主人公が天才じゃない自分と向き合ってもがき苦しむ姿は、働く人たちの胸にグッと刺さるものがあるでしょう。

果たしてどんなドラマになっているのか?本放送まで期待して待ちたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*