【左ききのエレン】1話・「天才になれなかったすべての人へ」夢に向かって頑張る人必見の人気漫画実写ドラマ!あらすじ・ネタバレ・視聴率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、あやねぇです!人気漫画が原作の「左ききのエレン」実写ドラマが火曜深夜1:28から始まりました!

平日の深夜帯なので、働いている人はなかなかリアルタイムで見られないかもしれませんが、30分ドラマなので観やすいと思います!

夢にむかってがんばる若者にこそ見てほしいテーマ!
さっそく1話の紹介をしますのでチェックしてみてください!

引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#story

tvlog

左ききのエレン】キャスト紹介

朝倉光一 役(神尾楓珠)
ずば抜けた才能もなく、平凡ではあるがものづくりは好き。アーティストではなく広告代理店のデザイナーとなった。

山岸エレン 役(池田エライザ)
左利きで絵の才能に溢れる人物。しかし父親の死をきっかけに描くのをやめてしまった。

【ドラマ情報】

MBS 日曜 深夜 0:50〜1:20
TBS 火曜 深夜1:28〜1:58
初回 MBS 10月20日・TBS 10月22日スタート
出演 神尾楓珠 池田エライザ
脚本 根本ノンジ
公式サイト https://www.mbs.jp/eren_drama/
公式ツイッター https://twitter.com/eren_drama
公式インスタ https://www.instagram.com/eren_drama/

 

左ききのエレン1話 ネタバレ・あらすじ・視聴率&感想・評価

デザイナーになると言う夢を叶えた光一だったが・・・

従業員数千人を抱える広告代理店で働く駆け出しのデザイナー・朝倉光一(神尾楓珠)は、上司である神谷雄介(石崎ひゅーい)から、予算3億のキャンペーンをめぐる競合の案件でロゴのデザインという大役を任されたものの、ダメ出しされてばかりでなかなか完成しない。


引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#story

デザイン以外の仕事もあり、30時間以上寝ずに作業していたもの、ついデスクで眠り込んでしまう・・・。
オフィスのデスクで目を覚ましたのは午前8時過ぎ。

プレゼンは今日の10時から始まるのに修正点はまだ複数あり、9時までには作業を終わらせようと焦っていると、上司の神谷から連絡があり終わっていない修正箇所を手伝ってもらって何とか作業完了。
仕事のできる神谷と比べて、光一は自分の未熟さを痛感する。


引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#story

自分のことばかり考えていたことに気づかされる光一

プレゼン終了後、神谷からキャンペーンの競合に勝ったと知らされて喜ぶ光一だったが、局長からはベテランに任せたいからと言われ担当を外されてしまう。
神谷からも焦るなと言われたものの、納得のいかない光一は慰労会を途中で抜け出してしまう。


引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#story

しかし、神谷が局長に掛け合ってくれていたと知り、自分のことばかり考えていることに気づかされる。

高校時代に会った天才的な絵の才能を持つ左ききのエレン

帰り道、光一は高校時代の同級生・山岸エレン(池田エライザ)のことを思い出す。


引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#story

当時、光一は広告代理店に入ってデザイナーになるという比較的現実的な夢を持っていたが、美術館の壁にスプレーで絵を描く左ききのエレンの姿に魅入られ、その天才的な絵の才能に圧倒されたのだった。


引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#story

美術館に展示された絵をへたくそと罵ったエレンに対して、自分の小ささを思い知らされた光一。
思い出の場所で、幻想のエレンに「凡才のお前が平凡な人生にどう抗うか見せてみろ」と喝を入れられた気がして、すぐさま神谷に謝罪の電話を入れる。


引用:https://www.mbs.jp/eren_drama/#story

神谷から新しい仕事を与えられた光一は、再びやる気を出して夢に向かって走り出すのだった。

左ききのエレン】1話のTwitter・TVログの感想&評価は?

引用:TVログ

1話は光一の現在の状況と、エレンに出会った時の回想がメインでしたが、仕事と夢のはざまで悩む若者の苦悩が感じられましたね~。ダボダボのパーカーで悪態をつく池田エライザさんのエレンはイメージにぴったり!

Adobeとコラボで開催されているTwitterでのコンテストも盛り上がっていて、皆さんのデザインを見るのも楽しいですよ。

左ききのエレン】次回の予告&予想

光一は、同期の優子から渡された雑誌に、高校時代の同級生でアートの天才と認めるエレンが載っているのを見つける。
エレンは、光一の高校時代の恋人でもあった同級生のさゆりのサポートを受けながら、ニューヨークで画家として活動していた。
しかし、エレンは過去のある呪縛に囚われ、新たな作品が描けずに苦しんでいた・・・。

天才と認められ活躍するエレンですが、天才には天才の悩みがありそう・・・。
光一の高校時代の彼女がどうしてエレンを手伝っているのかも気になりますね!

まとめ

第1話は導入部といったところで、まだまだこれからどう進展していくのか予測できない感じ!登場していないキャストも多く、これからが楽しみなドラマとなりそう。
個人的には、上司の神谷さんの頼れる感じが素敵で、光一はうだうだ言わずにさっさと仕事しろ!って印象でした!
次回からはエレンの過去話となりそうで、どんなアートが見られるかも楽しみですね。

コメントを残す

*