「Iターン」1話!極道広告マンって何!?絶体絶命のムロツヨシが面白い! あらすじ・ネタバレ&感想、気になる視聴率!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Iターン

こんにちは~!田中圭大好きゆなです!
劇中で田中圭のインテリやくざが拝めるとあって楽しみにしていたドラマ「Iターン」が7月12日から始まりました~!!

キャストも豪華な顔ぶれ!

早速第一話のあらすじ・ネタバレをご紹介していきましょう~!

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/iturn/gallery/?trgt=s_01

【Iターン】1話の気になる視聴率は?

「Iターン」の1話の視聴率は2.1%!(ビデオリサーチ調べ)

前クールの「きのう何食べた?」の初回が3.2%、その後も人気を持続したため平均で3%台だったのも記憶に新しいですね!

そしてこちらの枠、テレビ東京系列ドラマ24は「孤独のグルメ」(season7初回5.1%)や「勇者ヨシヒコ」シリーズ(初回2.3%)など元々人気のある枠なので、シリーズ化されたものや視聴率の高い深夜ドラマ多く放送されています。

「Iターン」は今度、どう視聴率が変動していくでしょうか?

ちなみに「孤独のグルメ season1」の平均視聴率は1.4%だったので、これから「Iターン」も化ける可能性はありますよね!

【Iターン】1話 あらすじ

1話登場人物

狛江光雄(ムロツヨシ):左遷され、宣告社・阿修羅支店の支店長となる45歳。
岩切猛(古田新太):阿修羅市のやくざ二大勢力の1つ、「岩切組」の組長。
竜崎剣司(田中圭):阿修羅市のやくざ二大勢力の1つ、「竜崎組」の組長。ドラゴンファイナンス社長。
柳直樹(渡辺大知):宣告社・阿修羅支店の営業担当。仕事にやる気の見られない若手社員。
吉村美月(鈴木愛理):宣告社・阿修羅支店の事務。
神野晃(般若):「竜崎組」の組員。竜崎の片腕としていつも睨みを聞かせている。
狛江敦子(渡辺真起子):狛江光雄の妻。夫にあまり関心がない。
高峰博之(相島一之):宣告社・東京本部長。狛江の上司で狛江を左遷させた。
土沼昭吉(笹野高史):土沼印刷・社長。宣告社・阿修羅支店とは古くからの付き合い。

上司を怒らせてしまい突然の左遷にあう主人公

広告代理店の宣告社で働く狛江光雄(ムロツヨシ)は45歳の中年サラリーマン。

Iターン
引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/iturn/cast/muro.html

上司を怒らせたことが原因で「阿修羅市」への転勤を命じられる。しかしその転勤はあきらかな左遷のため「クビにしないでください!」と土下座する光雄。上司の高峰博之(相島一之)は陰で光雄にバカにされていたのを根に持っていたので、その願いは聞き入れられなかった。

Iターン
引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/iturn/story/01.html

阿修羅支店の売上をあげれば本店復帰!を信じ辞令を受け入れる光雄。転勤のことを家族に告げるも、妻の敦子(渡辺真起子)も娘も全く興味を示さなかった。

寂しく一人、阿修羅市へ向かう光雄…。

左遷された先は完全に治安の悪い「阿修羅市」

到着するなり阿修羅市の治安の悪さに怯える光雄。さらに支店で働く柳直樹(渡辺大知)と吉村美月(鈴木愛理)もまったくやる気のない始末…。

Iターン
引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/iturn/story/01.html

なんとか売上をあげるために風俗店や金融会社に営業をかけにいく光雄。そこで足を踏み入れた「ドラゴンファイナンス」という金融会社はどう見てもカタギではない人たちで溢れかえっていた。怯えながらも社長の竜崎剣司(田中圭)と話し、一枚のチラシ仕事を受けることに成功。

Iターン
引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/iturn/story/01.html

柳の紹介で古くから付き合いのある土沼印刷に発注をかけるが、土沼印刷のあまりの古さに「取引は今回限り」と光雄は契約を切ってしまう。社長の土沼昭吉(笹野高史)に土下座をされても目もくれず、あしらうように冷たい態度をとるのだった。

印刷ミスで絶体絶命の大ピンチ!!

仕上がったチラシの件で竜崎に呼び出された光雄。そこでチラシに書いてある電話番号のミスを指摘される。慌てて土沼印刷に電話をするが、「もうウチと宣告社さんは契約切れてますんで」と今度は逆に冷たく電話を切られてしまうのだった。

Iターン
引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/iturn/story/01.html

光雄がピンチを乗り切らなければと慌てていると、ドラゴンファイナンスに岩切組が乗り込んでくる。どうやらチラシにのせた間違った電話番号というのが、岩切組の下請け風俗の番号だったようだ。

敵対する二つのやくざ。今回は岩切組の岩切猛(古田新太)が強引に光雄と盃をかわし、「落とし前を付けさせる」と言って連れ去る。

そして二階の窓から光雄を吊るし、迷惑料500万、上納金月々5万を納めるよう命じる。「なんで上納金!?」と慌てる光雄に、岩切は「お前はうちの組員になったから上納金は当たり前」「お前は今日から極道広告マンだ!」と告げる。

【Iターン】1話の感想&評価は?

 

Iターン,TVログ

Iターン,TVログ

Iターン,TVログ

引用:TVログ

Iターンは「ネットもテレ東」で見逃し配信を見ることができます

【Iターン】次回の予告&予想

とうとうヤクザの舎弟&広告の営業マンとしての二重生活が始まってしまい、どんどん大変な事態に巻き込まれてしまいそうですね~!

そして、1話のエンディングで初お目見えしたチワワの「昌三」が!!可愛すぎませんか~~。
岩切の愛犬・昌三さんの世話も任されて、さて、どうなることやら?光雄の奮闘に期待です!

まとめ

とにかく田中圭が!田中圭が~~!!
犬ころ系もいいですが、こんな悪い圭もいいっ!と1話を見ている間じゅう悶絶してしまいました…。

それ以外にも面白い役者さんが揃っているので、テンポよく見られそうなのがいいですね。2話からまた曲者がぞくぞく登場しそうなので目が話せません。

あと余談ですが、劇中ムロツヨシさんが歌っていた歌が分からなくて調べてみたら、30年以上前に発売された村下孝蔵さんの「初恋」という曲でした!この曲も今後ドラマの重要な要素になるんでしょうか!?
この辺りもチェックしていきたいと思います。

コメントを残す

*