【花咲舞が黙ってない】無料動画配信・全話ネタバレあらすじ!&視聴率!杏&上川隆也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。りかんぬです。
池井戸潤さん原作ドラマといえば「半沢直樹」「下町ロケット」などが有名ですが、女性主人公のお話もあるのは知っていますか?
それが、杏さん主演でドラマ化された「花咲舞シリーズ」。
一銀行員の舞が銀行内の事件や不祥事を解決していくのが爽快!な本作の第1シリーズネタバレあらすじをお届けします。

引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/index.html

tvlog

【花咲舞が黙ってない】は動画配信サイト「Hulu」で全話視聴可能!

【花咲舞が黙ってない】は動画配信サイトHuluで見ることができます。

▶ 全話無料で視聴する方法「花咲舞が黙ってない」は動画配信サイトHuluで見ることができます!
初回は2週間無料!
・放送中のドラマ以外にも、海外ドラマシリーズをはじめ、邦画や、昔懐かしの長編映画や韓国テレビ番組など数千本以上のコンテンツが満載です!Huluを2週間無料で試す

【花咲舞が黙ってない】はどんなドラマ?


放送日 2014年4月16日から6月18日(全10話)毎週水曜日
放送時間 22:00〜23:00
放送局 日本テレビ
キャスト 杏、上川隆也、塚地武雅、榎木孝明、大杉漣、生瀬勝久
脚本 松田裕子、江頭美智留、梅田みか、横田理恵
原作 池井戸潤
主題歌 西野カナ「We Don’t Stop」

【花咲舞が黙ってない】各話の放送日&視聴率

第1話 2014年4月16日放送 視聴率17.2%
第2話 2014年4月23日放送 視聴率14.7%
第3話 2014年4月30日放送 視聴率15.4%
第4話 2014年5月7日放送 視聴率16.3%
第5話 2014年5月14日放送 視聴率13.8%
第6話 2014年5月21日放送 視聴率16.0%
第7話 2014年5月28日放送 視聴率16.0%
第8話 2014年6月4日放送 視聴率15.8%
第9話 2014年6月11日放送 視聴率16.1%
最終話 2014年6月18日放送 視聴率18.3%

平均視聴率 16.0% (ビデオリサーチ調べ)。翌年放送された第2シリーズは平均視聴率14.5%でした。

【花咲舞が黙ってない】キャスト&役どころは?


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/chart/index.html


花咲舞役
入所5年目にして、臨店班という事件や不祥事があった支店に行き、解決する部署に異動になる。間違っていると言えずに苦しんでいる人を見て見ぬ振りができない正義感が強い性格。間違っていると思うと、上司であろうと食ってかかる。


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/chart/index.html

上川隆也
相馬健役
臨店班で舞の上司にあたる。出世コースから外れてしまい、自暴自棄になって妻とは離婚し、現在は独身。かつて中野支店でも舞の上司で、そのころも歯に衣着せぬ舞の物言いが苦手だった。


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/chart/01.html

塚地武雅
芝崎太一役

支店統括部次長。舞と相馬の上司。上には弱く、下には強く出る典型的な小物タイプ。行内の噂話に詳しい情報通。人事情報から不祥事まで、ありとあらゆる情報が入ってくる。


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/chart/01.html

榎木孝明
辛島伸二朗役
支店統括部部長。穏やかな性格の人格者で、人望も厚い。舞と相馬にコンビを組ませた張本人。旧態依然とした銀行の体質を、舞が変えてくれることを期待している。


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/chart/01.html

生瀬克彦
真藤毅役
経営企画本部長。エリート街道を歩んできた、将来の頭取候補。行内で「真藤派」を形成し、地位を固めている。臨店班が真藤派の不祥事を明らかにし始めたことで、舞たちを目の敵にする。


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/chart/01.html

大杉漣
花咲幸三役
舞の父。妻を早くに亡くし、舞を男手一つで育ててきた。自宅の1階で飲食店「花咲」を営んでいる。

【花咲舞が黙ってない】見どころ

舞が悪者成敗していく姿が爽快痛快!


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/story/01.html

池井戸作品といえば、勧善懲悪。悪者が成敗されていくのが気持ちい〜わけなんですが、この「花咲舞が黙ってない」も例に漏れず。
「お言葉を返すようですが」という舞の切り込み、何を言われても「黙りません!」「そんなのは絶対に間違っています!」と正義を貫き通す姿がかっこいい!

毎週のゲストが超豪華!田中圭さんも出演


引用:https://www.videopass.jp/videos/27953

1話の木村佳乃さん、2話の田中圭さんをはじめ、戸田恵子さん、桐山漣さんなど、「えっ、この人単発ゲストなの?」という方々がゲスト出演。
びっくりするほど豪華メンバーで、毎週華やか!

【花咲舞が黙ってない】1話〜11話のネタバレあらすじ

1話「池井戸潤原作の痛快ヒロイン誕生!!銀行の消えた百万円を探せ」


引用:https://mantan-web.jp/photo/20140417dog00m200001000c.html?page=001

窓口から臨店班に異動になった5年目の舞。そこで、出世コースから外れたかつての上司、相馬とコンビを組むことになる。
初仕事は茅場町支店。事務ミスが相次いているという。支店長の矢島(羽場裕一)は真藤派の一人で、自分の出世にしか興味がなく、部下を無能呼ばわりするパワハラ上司だ。

ミスを起こしているのはベテランの中島(木村佳乃)。中島も矢島からパワハラを受けていた。仲が良かったベテラン事務も3人、矢島によって辞めさせられていた。
実は、矢島がコストカットのために給料が高いベテランを辞めさせたくて叱責していたのだ。

中島は、矢島の経歴に傷をつけたいがために、銀行から100万円を盗む。しかし、重大なミスを隠蔽するため、その100万円を矢島が補填する。補填の証拠を舞と相馬が見つけ、矢島に突きつける。
矢島は出向、中島は新たな仕事を探し始めた。

2話「上司のミスは部下の責任…そんなの間違ってる!」


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/story/02.html

青山支店が融資していた結婚相談所が、詐欺集団だった。会員から集めた6億円を持って社長が失踪。
その責任が、青山支店の担当・杉下(田中圭)に押し付けられそうになるが、その融資は支店長の新田(飯田基祐)の指示によるものだった。

強引な融資に、結婚相談所からの裏金を疑う舞たち。その予想通り、銀行のデータを結婚相談所に売っていた。
杉下はおとがめなし、新田は懲戒解雇になる。
常に部下に問題を押し付けていた新田。実は相馬も、過去に新田にミスを押し付けられ、出世コースから外されていた。

3話「臨店VS悪徳支店長!無能な部下なんていません!!」


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/story/03.html

蒲田支店に事務応援に行くよう命じられた舞と相馬。支店長の須賀(神保悟志)は、高圧的な態度で、部下を萎縮させる人物で、舞たちにも敵意むき出し。
それもそのはず、須賀は真藤の腰巾着である児玉(甲本雅裕)に、二人をおとしめるように頼まれていたのだ。

やっかいな仕事を押し付けられても、嫌がらせに負けずに頑張る舞と相馬。しかし、須賀は強引な手を使って、舞にミスをさせる。
向こうの目論見通り、無能社員のレッテルを押されそうになる舞だったが、健康食品詐欺事件の犯人が、蒲田支店で架空口座を大量に作ろうとしていたところをすんでで止めるファインプレー。
犯人は逮捕され、騙されて口座開設しようとしていた須賀は、次の異動で地方行きが決定する。

4話「若手行員が謎の失踪銀行にモンスター母が現る!!」


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/story/04.html

若手社員が失踪したという横浜西支店。失踪した光岡の母(秋本奈緒美)は、銀行のせいで息子が失踪したと騒ぎ立てる。
支店長の中村(戸田恵子)は、モンスターペアレントだと陰では言うが、銀行に5億円の預金がある得意先のため、何も言えない。
舞と相馬は調査を進め、女子行員から、失踪直前に光岡が担当していた尾見機械工業の融資だけ、中村の承認が降りなかったことを知る。融資が見送りになると倒産の危機。真面目な光岡は、そのことを気に病んで失踪したのだ。

尾見機械工業には訴えている会社があり、その相手が中村の息子が社長を務めていることを突き詰めた舞たち。中村が意図的に尾見機械工業を倒産させようとしたのだ。
舞は光岡を見つけ出し、説得すると、母親からも銀行からも逃げないと戻ってきて、中村は左遷される。

5話「臨店vs金融庁検査官こんなやり方間違ってます!!」


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/story/05.html

中野支店に金融庁の検査が入る。主任検査官・青田(高杉亘)の横暴な態度に、嫌悪感を抱く。
支店長の牧野から、金融庁に見られたくない書類を地下の物品庫に隠してあると打ち明けられる舞と相馬。しかし、そこに検査官たちが物品庫に向かったという知らせが入る。

なぜそこまでするのか…訝しがる舞。実は、過去に青田の横暴なやり方を牧野が上司に訴えた結果、青田は訓告処分を受けており、それを根に持っていたのだ。
復讐をしようと、行員を脅して、書類の隠し場所を吐き出させ、さらに隠蔽をでっち上げようとした青田を、舞と相馬は逆にハメることに。
結果、青田は恐喝や職権乱用で懲戒免職になる。

6話「支店長が女子行員にセクハラ!?同期の絆と舞の涙


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/story/06.html

支店長にセクハラされたーーそんな告発記事が週刊誌に掲載された。銀行名は伏せてあるものの、東京第一銀行だというのは明白。
舞と相馬は、人事部の大前(堀部圭亮)に、告発した行員を見つけ出すように言われる。

頭取あてのメールで、告発したのは舞と同期の奈津子(前田亜季)だということがわかる。奈津子によると、セクハラしていたのは大前。のうのうと出世していく姿に我慢がならず、告発に踏み切ったのだと言う。
真藤はなかったことにしようとするが、舞はセクハラ被害者の証言を他にも集め、相馬も、奈津子の試験を不合格にしていた大前の不正の証拠を突きつける。

7話「恋の予感!?不正融資とワイロ疑惑の行員を探せ!!」


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/story/07.html

舞は友人に友田(姜暢雄)というレストランオーナーを紹介される。絵に描いたような好青年の友田に、舞も悪い気はしない。
そんな中、舞は友田の部下・大塚に、友田が東京第一銀行の行員に200万円の賄賂を渡していたと聞く。確かに、友田のレストランは品川支店から5000万の融資を受けていた。

しかし、経営状態も良好なため、賄賂を渡す理由は見つからない。調査は行き詰まるが、舞は父親の一言で、食品偽造に気づく。安い肉をブランド肉と偽っており、200万は、それを知った行員への口止め料だった。
友田は舞に諭され、大塚たちに支えられ、再出発を決意する。

8話「銀行が経営破たん!?おばあちゃんの預金を守れ!!」


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/story/08.html

窓口時代のお客さん・静枝にお見合いをさせられてしまう舞。相手の秋本は京浜銀行の行員で、真面目そうな好青年。
数日後、京浜銀行の経営破綻が報じられ、静枝から舞の元に連絡が入る。秋本がノルマを達成できないと静枝に泣きつき、2000万を京浜銀行に預けていて困っていると言う。

2000万を預けたのは、わずか半月前。銀行が破綻すれば、預金が保護されるのは半額の1000万。舞は、秋本が経営破綻を知りつつ、静枝に預金をさせたのではないかと疑うが、そんなことをしても秋本にはメリットがない…。

相馬とともに調べを進めていくと、好青年だと思っていた秋本には裏の顔があった。株の運用をしており、その運用資金はなんと9500万円。
寂しい老人に付け入り、預けるはずのお金を着服していた。
静枝の預金も、1000万は保護されたと言って返し、残りは着服するつもりだったのだ。
秋本は逮捕され、新聞にも舞と相馬のお手柄の記事が掲載された。

9話「新たな敵は大企業の御曹司」


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/story/09.html

新宿支店で窓口業務を手伝っていた舞。融資課の伊丹清一郎(平岡祐太)に強引に仕事を押し付けられる。彼は東京第一銀行の大手取引先・伊丹グループの御曹司で、経営者としての知識を学ぶために、新宿支店で働いていた。

そのため、清一郎は常にVIP扱いで、本人もそれをわかっていばり散らしていた。清一郎は「人前で怒られた」という理由だけで、黒字経営の会社へ融資を渋り、倒産に追い込もうとしていた。
それに気づき、必死で食い止める舞と相馬。

清一郎の処分は、真藤によって人事部預かりとなった。伊丹グループは、銀座の再開発プロジェクトを推し進めており、真藤はそのプロジェクトで銀行トップの座を狙っていたため、ことを大きくしたくなかったのだ。

【花咲舞が黙ってない】最終回ネタバレあらすじ

10話「この銀行は間違ってます!!」


引用:http://www.ntv.co.jp/hanasakimai1/story/10.html

東京第一銀行始まって以来の大事件が起こる。伊丹グループ1万人分のデータが紛失したのだ。
真藤は事件解決のために調査委員会を設置し、舞と相馬も事件解決のために奔走する。データは、清一郎による盗みだった。
新宿支店で恥をかかされたことを仕返ししようと行った愚行に、相馬も「最低の行為だ!」と怒り心頭。

そこに、伊丹会長(船越英一郎)が現れる。清一郎は舞たちを窮地に陥れようと、父親に訴えるが、会長は清一郎を殴る。
「息子をイチから鍛え直す」と、舞と相馬にお礼を言った。

その後、伊丹グループの銀座再開発プロジェクトの主幹事銀行に東京第一銀行が決定する。
真藤が清一郎の事件をもみ消すかわりに、主幹事銀行の座をと、駆け引きを行ったのだ。
表向き、盗難ではなく紛失ということにして、その責任を二人の社員に背負わせ、彼らは出向になった。

 

「花咲舞が黙ってない」は動画配信サイトHuluで見ることができます!
初回は2週間無料!
・放送中のドラマ以外にも、海外ドラマシリーズをはじめ、邦画や、昔懐かしの長編映画や韓国テレビ番組など数千本以上のコンテンツが満載です!Huluを2週間無料で試す

【花咲舞が黙ってない】Twitter&TVログ感想&評価は?

引用:https://tv-log.com/?utm_medium=referral&utm_source=tokidora?utm_medium=referral&utm_source=tokidora?utm_medium=referral&utm_source=tokidora

【花咲舞が黙ってない】は動画配信サイト「Hulu」で全話視聴可能!

【花咲舞が黙ってない】は動画配信サイトHuluで見ることができます。

▶ 全話無料で視聴する方法「花咲舞が黙ってない」は動画配信サイトHuluで見ることができます!
初回は2週間無料!
・放送中のドラマ以外にも、海外ドラマシリーズをはじめ、邦画や、昔懐かしの長編映画や韓国テレビ番組など数千本以上のコンテンツが満載です!Huluを2週間無料で試す

まとめ

ちょっと最終回もやっとする感じですが、第2シリーズへ続く…ということで、こちらで真藤との対決も完結するのでご安心を。
とにかく杏さん演じる舞が、絶対に悪には屈しない、毅然とした態度が見ていて気持ちいい!
それに振り回されつつ、だんだんいいコンビになっていく相馬も、いい上司。
凸凹コンビの活躍が楽しいので、ぜひHuluでチェックしてください。

 

コメントを残す

*