【MR.BRAIN】無料動画配信・全話ネタバレあらすじ!&視聴率!木村拓哉&綾瀬はるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、りかんぬです。

このドラマが放送されていた頃は、脳トレブームということで、頭の体操になるドラマが作られました!それが「MR.BRAIN」です!

医者、F1ドライバー、検事…今までさまざまな職業を演じてきた木村拓哉さんですが、このドラマではちょっとクセのある天才脳科学者役です。

脳科学ってなんか難しそうだな~とドラマを見る前は、心配でしたが、1話でその不安が吹き飛んでしまいました。ぜんぜんむずかしくないんです。むしろおもしろい(笑)

なんか変、でもかっこいい木村拓哉さん演じる脳科学者・九十九が難事件を解決していく「MR.BRAIN」の視聴率やあらすじを紹介していきます!

引用:http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/mr-brain—re19q10—/program/index.html

【MR.BRAIN】は動画配信サイト「Paravi」で全話視聴可能!

【MR.BRAIN】は動画配信サイトParaviで見ることができます。

▶ 「MR.BRAIN」を全話視聴する

初回は1ヶ月間無料!
ドラマ以外も、バラエティ、経済番組、アニメ、スポーツ、韓国ドラマ、国内外の映画、ラジオコンテンツなどジャンルが多彩!Paraviを1ヶ月無料体験する

【MR.BRAIN】はどんなドラマ?

放送日 2009年5月23日から7月11日(全8話)毎週土曜日
放送時間 19:56〜20:54
放送局 TBS
キャスト 木村拓哉、綾瀬はるか、水嶋ヒロ、平泉 成、設楽 統、山崎樹範、SHIHO、木下優樹菜、井坂俊哉、林 泰文、小林克也、田中裕二、トータス松本、大地真央、香川照之 ほか
主題歌 ヴァン・ヘイレン「JUMP」

【MR.BRAIN】各話の放送日&視聴率

第1話 2009年5月23日 視聴率24.8%
第2話 2009年5月30日 視聴率22.0%%
第3話 2009年6月6日 視聴率16.3%
第4話 2009年6月13日 視聴率21.0%
第5話 2009年6月20日 視聴率18.5%
第6話 2009年6月27日 視聴率18.9%
第7話 2009年7月4日  視聴率18.3%
最終回 2009年7月11日 視聴率20.7%
平均視聴率20.48% (ビデオリサーチ調べ)。初回から20%超えして、その後は2ケタ後半をキープ。最終回には再び20%オーバーしています!

【MR.BRAIN】キャスト&役どころは?

引用:https://kimchi.greyduck.net/?p=795
木村拓哉
九十九龍介役 (科警研・脳科学)

科学警察研究所 (通称:科警研) にやってきた脳科学者。数年前までホストをしていたが、事故に遭い、右脳が驚異的に発達。大学に入り直し、脳科学の研究者に。その能力が科警研の目に留まって招へいされた。天才的な知識と発想力で複雑な難事件を次々に解決していく。バナナが好き。研究室でネズミを飼っていて、ポケットに入れていることも。

引用:http://www.tbs.co.jp/mr-brain/cast/
綾瀬はるか
由里和音役 (科警研・脳科学)

九十九のたった一人の助手。大学では化学を専攻していて、脳科学とはまったく縁がなかった。イケメンに弱く、九十九に会ったとたんに一目惚れ。しかし、人使いの荒い九十九に振り回され、実験台にされることもしばしば。事件現場に同行するなどしていくうちに尊敬するようになっていく。酒グセが悪い。

引用:http://www.tbs.co.jp/mr-brain/cast/
香川照之
丹原朋実役 (警視庁・捜査一課)

経験豊富な熱血ベテラン刑事。部下の林田とともに地道な捜査と“刑事のカン”で難事件に挑んでいる。九十九に対して不信感を抱いていたが、脳科学の観点から事件を次々に解決する彼の能力を認めるようになっていく。

引用:http://www.tbs.co.jp/mr-brain/cast/
水嶋ヒロ
林田虎之助役

警視庁捜査一課の若手刑事。上司の丹原にいつも怒鳴られ、こきつかわれている。脳科学の観点で捜査協力、解決する九十九の発想力には一目置き、アドバイスを求める。和音に初めて会ったときに心を奪われた。九十九には「リンダくん」と呼ばれている。

引用:http://www.tbs.co.jp/mr-brain/cast/
大地真央
佐々未春役 (科警研・法科学部長)

九十九の才能に目をつけて、スカウトした人物。研究もせずに丹原とともに事件解決に尽力する九十九の目に余る行動に困り果てている。助手につけた和音やそのほかの科警研のチームが九十九に感化されていくことを危惧している。

【MR.BRAIN】見どころ

木村拓哉の新境地!チャラい脳科学者 九十九龍介

引用:https://www.pinterest.jp/pin/383650461977569171/?autologin=true

脳科学的な観点で複雑な事件のトリックを解決に導いていく木村拓哉さん演じる、主人公の九十九龍介。天才的な発想力、そして科学者らしからぬ行動力、コミュ力の高さでお堅い研究所員や刑事たちの心をグイグイつかんでいきます。科学者でありながら、白衣をまとわずカジュアルなスーツスタイル。糖分補給のバナナを片手に颯爽と事件現場に向かう九十九と木村拓哉さんのシンクロ率がハンパない!

爆笑問題・田中さんとバナナマン・設楽さんの俳優の顔に注目

引用:https://www.tbs.co.jp/mr-brain/cast/

あの爆笑問題の田中裕二さん、バナナマンの設楽統さんがレギュラー出演しているのも見どころのひとつです。田中さんは爆発物・化学兵器などの成分分析専門の夏目役、設楽さんは声や音の波紋などから周囲の状況などを明らかにする音声分析専門の神田役です。司会者として活躍しているふたりのレアな演技は必見。設楽さんのスタイリッシュなヘアとスーツ姿も萌えポイントです。

【MR.BRAIN】1話〜7話のネタバレあらすじ

1話「史上空前の脳科学ミステリー始動!!変人脳科学者VS連続テロ魔!! 脳を使い瞬間移動!?」

引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/mr-brain—re19q10—/program/index.html

主人公・九十九龍介 (木村拓哉)が新しい職場・警察庁科学警察研究所 (通称・科警研) に向かう途中に爆弾事件が勃発。九十九は巡回中の刑事に犯人と間違われ、身柄を拘束されてしまう。警視庁捜査一課の丹原 (香川照之) と林田 (水嶋ヒロ) が取り調べ室に入ると九十九を拘束した刑事・船田 (ユースケ・サンタマリア)がうなだれていた。九十九が爆弾事件の犯人だとあばいたのだった。

九十九が科警研に到着した日の夜、建設業界の談合撤廃に尽力してきた省庁の役人が連続して殺害される事件が起きる。次のターゲットは、同じく談合反対派の土井 (高嶋政伸) であると予測し、自宅などの警備を強化していたが、土井の妻と秘書が在宅時に爆破されてしまう。しかし、九十九は土井が怪しいとにらみ、脳科学の観点から調査を進めていくと犯人であることが判明。談合に反対すると見せかけて建設会社から不正な金を受け取っていたことが明らかになった。

2話「変人脳科学者VS蘇る美しき幽霊!! 脳トレで人は蘇る!?」

引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/mr-brain—re19q10—/program/index.html

4人もの人間を殺害し、その死体の手足を食べるというおぞましい事件を起こした連続殺人犯・竹神貞次郎 (GACKT)。4人目の被害者の婚約者・宮瀬久美子 (小雪)の訴えにより死刑宣告を受けて、「私は必ず生き返る」と謎の言葉を残して1年前にこの世を去った。その竹神の指紋が津村・高田のふたりの警察官が殺害された現場から見つかった。手足を切断するなど猟奇的な殺人方法から「竹神がよみがえった」のではないかとの噂が立つ。

九十九(木村拓哉)はふたりの警官が竹神の事件に関わった共通点があることを突き止め、再度調査。4人目の被害者・後藤は、殺された津村・高田、そしていつも久美子を監視している岸川 (松重豊) により、竹神捜索中に誤って殺害されたことが判明。竹神は久美子に自分の婚約者を殺した3人の警官を殺害させることを計画し、後藤殺害の罪を被り、高田は津村と竹神の指紋データをすりかえて隠ぺいしたのだった。九十九の誘導尋問で久美子は罪を認め自白。死刑執行の前に竹神は久美子に事件の真相を書いた手紙を送っていたのだった。

3話「透明人間が仕掛けた連続殺人!! 脳トレが暴く透明の謎」

引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/mr-brain—re19q10—/program/index.html

殺人現場は大学病院。監視カメラには、犯行現場へつながる扉が勝手に開いた直後に被害者の日向教授が悲鳴を上げて倒れている映像が映っていた。九十九(木村拓哉)は非科学的な透明人間に興味を示し、犯人探しに取り掛かった。またしても、透明人間による犯行が起こる。医師・和久井 (亀梨和也)の婚約者で研修医の後藤めぐみ (相武紗季) が襲われたのだ。命には別条はなかったものの頭を強く打ち、記憶障害が。

和久井は、監視カメラに映らないように行動するトリックをあばき、日向教授殺しの犯人が医師の千原(小市慢太郎)であることを突き止める。日向は長年にわたって千原の出世の邪魔をしていたのだった。九十九の調査でめぐみを襲った犯人は、和久井であることが判明。不正な金を受け取っている事実を隠すため、口封じに殺そうとしたが、命までは奪えなかったことが明らかになる。

4話「変人脳科学者VS天才ピアニスト!! トランプで蘇る白骨死体!?」

引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/mr-brain—re19q10—/program/index.html

7年前に脳内出血で倒れ、記憶が約1時間しかもたないピアニストの青年、中川優 (佐藤健) が警察に拘束された。血まみれでピアノを弾いていた優のいたアトリエには優の姉・中川純 (木村多江)の婚約者・木下が横たわっていたのだ。「ぼくが殺した」と書かれたメモが押収されて、本人も殺したことを認めている。しかし、 丹原 (香川照之)は優が殺したとは考えにくいと九十九(木村拓哉)に相談に行く。

優の家を訪れた九十九は、彼が毎日作曲して書いている楽譜に目を留める。事件前日に書いた楽譜に優が残した走り書きの音符が気になり、その謎を解き始める。

5話「変人脳科学者VS美しき多重人格者!! 結末は驚愕のアハ体験!?」

引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/mr-brain—re19q10—/program/index.html

記憶障害があるピアニスト・中川優 (佐藤健)の姉・純 (木村多江)が拘束され、優は釈放となった。楽譜とメモに目をつけた九十九(木村拓哉)は、7年分を押収したところ、ところどころ抜けていることに気づく。犯行当日の楽譜に書かれた音符は、優のピアノの師匠である八木仁 (東儀秀樹) を指し、木下を殺した犯人は八木だったのだ。5年前に中川家に強盗が押し入り、優が姉を守ろうと殺害。その事実を知った八木は、純を脅して優の曲を盗作し、自分の曲として発表していたのだった。純の婚約者の木下は八木に盗作を止めるように説得しようとしたが殺害され、その罪を優になすりつけて逃亡したことが発覚した。

あくる日、都議会議員の松下百合子 (大沢逸美) が、拳銃で撃たれ殺害される事件が発生した。殺害現場にあった弁当を犯人が食べた形跡があり、採取した指紋とDNAから15年前に起こった誘拐事件の被害者の女性が浮上した。

6話「変人脳科学者VS悲劇の多重人格トリック!! 脳トレは嘘発見器!?」

引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/mr-brain—re19q10—/program/index.html

都議会議員・松下百合子(大沢逸美)に続いて、島根県で同一犯と思われる手口で暴力団員の青山(六角慎司)が殺害された。容疑者は15年前に誘拐されたままになっていた被害者・秋吉かなこ (仲間由紀恵) 。松下はかなこの通っていた小学校の担任だった。次に狙われたのは、かなこの通っていた小学校の同窓会。かなこは誘拐される直前に校門の前で青山が待ち伏せしているのに気づき、松下に相談に行ったがとりあってくれなかった。また、同じクラスの友人に一緒に帰ろうと誘っても断られてしまい、ひとりで帰宅途中に拉致されたのである。その復讐のために同窓会に乗り込み、銃口を向けて友人たちを撃ったあとに拘束された。

九十九(木村拓哉)はかなこが多重人格者ではないかと疑う。俊介という凶暴な男性のほかに、しょうこという享楽的な性格の女性、そして主人格のかなこ。15年にもおよぶ監禁生活を送るうちに3つの人格が生まれたのだろうと推測した。しかし、九十九が仕掛けたトリックでかなこは多重人格ではないことが判明して逮捕された。

7話「最終章〜変人脳科学者VS最強左脳男!! 脳内に時限爆弾」

引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/mr-brain—re19q10—/program/index.html

犯罪捜査の進歩への多大な貢献が認められた科警研。警察庁副長官・川瀬が花束贈呈に駆けつけるが、ライフル銃で狙撃されてしまう。近隣のビルを捜索すると、血で描かれた×の印が残されていた。その証拠をもとに捜査を進めるも犯人は見つからない。九十九(木村拓哉)は犯人がわざと証拠を残して捜査をかく乱させようとしていることに気づき、科警研への挑戦状だと受け取る。

続いての事件が勃発。元警視庁の捜査一課・刑事部長を務めた衆議院議員・尾崎が誘拐されたのだ。またしても、尾崎の車にも血で×印が描かれたハンカチが。犯人から「48時間以内に尾崎を処刑する」との声明文が出される。さらにトンネル開通式で元検事の菊池を狙った爆破事故が発生。現場には同じように×の印が残されていた。しかし、菊池ではなく派遣社員の男が連れ去られる。警視庁組織対策四課の刑事・武井公平(市川海老蔵)が不穏な動きを見せ…。

【MR.BRAIN】最終回ネタバレあらすじ

8話「終幕〜さらば愛しの変人脳科学者!! 最後の脳トレは笑顔活用法」

引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/mr-brain—re19q10—/program/index.html

刑事の林田 (水嶋ヒロ) は、誘拐された派遣社員・相沢義之(光石研)を救出するために入ったビルで爆破事故に巻き込まれて重傷を負う。相沢は犯人の北里陽介(上川隆也)と共犯だったのだ。しかし、相沢は北里から裏切られ、逮捕される。刑事の丹原 (香川照之)は、尾崎の息子・紳一郎 (鈴木一真) が怪しいとにらみ、こっそりDNAを採取。なんと×印の血液のDNAと一致したのだ。紳一郎を拘束するも犯人ではなく、紳一郎と同じDNAを持つ=彼から骨髄移植を受けた人物と断定する。

林田は、一命を取り留めた警察庁副長官・川瀬から17年前に男を殴り殺した罪で投獄された北里についての話を聞き出す。北里は無罪だったが、当時の精度の低いDNA鑑定で実刑判決を受けた。無罪を主張し続けた北里は獄中で白血病にかかる。警察は無罪に気づきつつも、北里に骨髄移植を受けさせることで沈黙を貫くことを要求した。北里は有罪になったことで家族が自殺に追い込まれており、事件に関わった関係者たち、DNAに鑑定を行った科警研に復讐するために事件を起こしたのだった。九十九(木村拓哉)は次のターゲットが北里の事件を担当した元裁判官・津田であると予測して先回り。北里を説き伏せて逮捕に導いた。九十九は脳科学の論文が認められて渡米を決意。科警研をあとにした。

▶ 「MR.BRAIN」の1話視聴する

初回は1ヶ月間無料!
ドラマ以外も、バラエティ、経済番組、アニメ、スポーツ、韓国ドラマ、国内外の映画、ラジオコンテンツなどジャンルが多彩!Paraviを1ヶ月無料体験する

【MR.BRAIN】Twitter&TVログ感想&評価は?

引用:TVログ

【MR.BRAIN】は動画配信サイト「Paravi」で全話視聴可能!

【MR.BRAIN】は動画配信サイトParaviで見ることができます。

▶ 「MR.BRAIN」を全話視聴する

初回は1ヶ月間無料!
ドラマ以外も、バラエティ、経済番組、アニメ、スポーツ、韓国ドラマ、国内外の映画、ラジオコンテンツなどジャンルが多彩!Paraviを1ヶ月無料体験する

まとめ

キムタクさんの長髪と脳トレブームが懐かしい!
見終わったあと、脳が活性化されたような気がしました(笑)

脳科学を使って事件の謎を解いていく刑事ドラマの企画を考えた人はスゴイ!
脳を活性化させたい・イケメンでワクワクしたい・事件のトリックでドキドキしたい方はぜひ!

コメントを残す

*