なつぞら 第14週 柴田牧場を訪ねてきた千遥・・・なつは再会できるのか!?あらすじ・ネタバレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なつぞら,朝ドラ

こんにちは!ゆなです!

第13週では、雪次郎が川村屋を辞めて役者になると言い出してひと騒動ありました。
結局祖母のとよがとりなして父の雪之助が許すという形で落着しましたが、親と子のどちらの気持ちもわかって泣けてしまいましたね!

今回は第14週、7月1(月)~7月6日(土)の放送分を振り返っていきます!
サブタイトルは「なつよ、十勝さ戻って来い」
十勝の牧場になつが会いたがっていたあの人が訪れているようです!
なつは無事に再会できるのでしょうか?詳しいネタバレありのあらすじを見て行きましょう~。

引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/14/

ドラマ情報

14週、7月1(月)~7月6日(土)
「なつよ、十勝さ戻って来い」

NHK総合
放送:月〜土曜日曜 08:00 〜 08:15
出演:広瀬すず 岡田将生  貫地谷しほり 井浦新 川島明 草刈正雄 松嶋菜々子 藤木直人 他
脚本:大森寿美男

合わせて読みたい!
第13週 なつは役者を目指すという雪次郎を止められるのか?あらすじ・ネタバレ

 

【なつぞら】第79話 十勝の柴田牧場を訪ねてきた少女の正体は・・・

なつぞら,朝ドラ
引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/14/
東洋動画では、短編の漫画映画制作が決定し、なつ(広瀬すず)と麻子(貫地谷しほり)は原画の担当に選ばれ、監督志望の坂場(中川大志)と共に企画を考えることに。

その一方、北海道の柴田牧場では、富士子(松嶋菜々子)と砂良(北乃きい)が庭で話をしていると人の気配が。照男(清原翔)が様子を見に行くと、そこには見知らぬ少女がいて「おねえちゃん?」と呼びかけます。
身分を明かさずに出て行こうとする少女を、なつの妹・千遥と察した富士子は引き留めて話を聞くことに。
千遥が訪ねてきたことをすぐになつに知らせようとしますが、千遥はなぜかなつには知らせないでほしいと言います。
富士子は千遥に気づかれないように、こっそりとなつに電話をかけるのでした。

なつが必死に探していた千遥が北海道に!なつを訪ねてきたのに、知らせないでほしいとは一体どういうことなのでしょうか?

【なつぞら】第80話 十勝にいる千遥と電話で声を交わすなつ

なつぞら,朝ドラ
引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/14/

会社にいたなつ(広瀬すず)の元にかかってきた富士子(松嶋菜々子)からの電話は、妹の千遥(清原果耶)が牧場に訪ねてきたという知らせでした。

なつはすぐにでも千遥に会いたいと、会社を早退して咲太郎(岡田将生)と風車に行き、十勝へ電話をかけます。
千遥と会話ができて喜ぶなつと咲太郎、しかし千遥はほとんど記憶のなかったものの、声を聴いてすぐに兄と姉だということがわかって動揺して電話を切ってしまいました。
もう一度千遥から電話をかけなおし、なつは千遥に会いたい、十勝で待っていてほしいと伝え、千遥も兄や姉に会いたいと応えるのでした。

ようやくつながることができたなつ・咲太郎と千遥。北海道は遠いですが、無事に再会することはできるのでしょうか・・・。

【なつぞら】第81話 千遥に会いに北海道へ向かうなつと咲太郎

なつぞら,朝ドラ
引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/14/

千遥(清原果耶)と電話で話すことができたなつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)はすぐに十勝へ向かうことに。しかし、到着にはどうしても2日ほどかかってしまいます。

柴田家では富士子(松嶋菜々子)の手料理で千遥をもてなし、家族で千遥を歓迎。
柴田家の人々のやさしさに触れた千遥は、自身の境遇を話し始めます。
引き取られた先から家出をした千遥は、ある人に拾われて東京の置屋に預けられ、何不自由なく育ててもらったといいます。
とても幸せだと言う千遥に、泰樹(草刈正雄)はなつと同じ事を体験させてやりたいと、一緒に牧場の仕事をしようと提案。
翌朝、なつの服を着て牛の世話をする千遥。そこへ信哉(工藤阿須賀)がやってきて千遥の写真を撮ると、千遥は写真が嫌いだから誰にも見せないでほしいと頑なに言うのでした。

家出した後はいい人にお世話になってようで、幸せそうな千遥に一安心!でも写真が嫌いなど、何かまだ事情がありそうです・・・。

【なつぞら】第82話 ようやく千遥に会えると思ったなつだったが・・・

なつぞら,朝ドラ
引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/14/

次の日の早朝、帯広に着いたなつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)は雪月に立ち寄り、雪之助(安田顕)の運転する小型トラックで柴田家に送ってもらいます。
柴田家の面々との再会を喜ぶなつたちでしたが、肝心の千遥(清原果耶)が見当たりません。

なんと、なつと咲太郎が来る前に千遥は柴田家から姿を消してしまったと知らされるなつ達。
誰もその理由を知らず落胆するなつでしたが、きっと千遥はなつのもとに帰ってくると励ます柴田家の人たち。
しばらくして、なつと咲太郎宛てに千遥からの手紙が届いたのでした。

やっと会えると思ったのにいなくなってしまった千遥・・・。手紙でその事情が明らかになりそう!

【なつぞら】第83話 なつと会う前に姿を消した千遥の心境とは

なつぞら,朝ドラ
引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/14/

千遥(清原果耶)からなつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)あてに届いた手紙。
その内容は、千遥が引き取られた家から家出して、復員兵に拾われ東京の置屋に売られたという話から始まります。
そこの女将さんをお母さんと呼び、きちんと育てられ養女として迎え入れてもらっていたのです。

そして、最近になって千遥に立派な家柄の男性との結婚話が持ち上がっており、もし結婚するなら千遥は昔の家族とは縁を切らなければいけないと言われていました。
もし、なつや咲太郎が不幸でいるなら、今の幸せを投げ出してでも助けたいと思う千遥でしたが、なつの服を着て牧場の仕事を手伝った千遥は、このままなつと咲太郎に会ったら別れられなくなると思い、逃げ出したというのです。
感謝と別れの言葉、そしてなつや咲太郎を思って描かれた絵で手紙は締められていました。

千遥の複雑な心境がつづられた手紙に涙・・・。千遥がしっかり教育を受けていると感じさせられる内容でしたが、どこか無理しているような気もしますね。

【なつぞら】第84話 寂しさを吐露するなつを励ます泰樹

なつぞら,朝ドラ
引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/14/

北海道まで来たものの、千遥に会えなかったなつ(広瀬すず)は、久しぶりに天陽(吉沢亮)に会いに行きます。天陽はすでに結婚していて、隣には働き者の妻・靖枝(大原櫻子)がいました。
天陽の両親・正治(戸次重幸)とタミ(小林綾子)にも歓迎され、なつの近況で話に花を咲かせます。その後、アトリエで天陽とふたりきりになったなつは、靖枝とのなれ初めについて天陽から聞かされました。

柴田家に帰ったなつは、泰樹(草刈正雄)と話して寂しさを打ち明けますが、泰樹は「離れていたって支え合える」となつを励まします。
仕事もあり明日には帰らなければならないなつと咲太郎(岡田将生)でしたが、そこへ突然夕見子(福地桃子)が帰ってきたのでした。

千遥とも会えず、天陽君も結婚していて家族ともまた離れてしまうと思うと、ついセンチメンタルになっちゃいますよね。でも、離れていても支え合えるのが家族。みんながそれぞれの場所で幸せになれるといいですね!

【なつぞら】第14週のTVログ&Twitterの感想

引用:TVログ

「なつぞら」はNHKオンデマンドで見逃し配信を見ることができます!

まとめ

なつとは会えなかったけど千遥が無事で幸せそうでよかった~!
でも、常に敬語で距離を取っている様子が遠慮しているようで、少し悲しいですね。
乳しぼりをしている千遥の笑顔はとても素直に楽しそうでしたが、結婚しても心の底から幸せと思えるのかどうか・・・ちょっと心配です。
なんとなく帰省したくなるような内容でした!

14週は十勝での話がメインとなり、動画制作からは離れていましたが、次週はまたアニメ制作の話も進行していくようです!なつの恋愛も発展するのでしょうか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*