なつぞら 第15週 短編動画の企画を提案し、新しい動画づくりにわくわくするなつ!あらすじ・ネタバレ、視聴率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ゆなです!
第14週では、千遥がなつを訪ねて北海道まで来ていましたが、結局なつは千遥と会えずじまい・・・。それでも、元気で幸せそうな様子に一安心でしたね!
今回は第15週、7月8(月)~7月13日(土)の放送分を振り返っていきます!
サブタイトルは「なつよ、ワクワクが止まらない」。
東京に戻って新たな動画の作成にとりかかるなつ。才能あふれる仲間たちとアイデアを出し合ってわくわくするなつの様子にこちらも楽しくなりますね!
第15週の詳しいネタバレありのあらすじをご紹介します!

引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/15/

tvlog

ドラマ情報

15週、7月8(月)~7月13日(土)
「なつよ、ワクワクが止まらない」

NHK総合
放送:月〜土曜日曜 08:00 〜 08:15
出演:広瀬すず 岡田将生  貫地谷しほり 井浦新 川島明 草刈正雄 松嶋菜々子 藤木直人 他
脚本:大森寿美男

【なつぞら】第85話 十勝で新しい動画のヒントを得るなつ


引用:https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2019099379SC000/

なつ(広瀬すず)が十勝の柴田家から東京へ帰ろうと支度をしていると、北海道大学に通う夕見子(福地桃子)が帰ってきました。以前よりさらにはっきりとした物言いになっている夕見子に振り回される富士子(松嶋菜々子)や泰樹(草刈正雄)の様子を見、なつかしさに包まれるなつ。
その夜、千遥からの手紙や絵を見た夕見子は、なつ達兄弟はみんな絵を描いていて『ヘンゼルとグレーテル』がパンくずを落すように絵を残していると言います。なつはそれを聞いて、『ヘンゼルとグレーテル』を短編動画にしようと考えるのでした。
久しぶりに十勝に戻ってほっこり!動画のヒントも得てまた動画作成に頑張れなつ!

【なつぞら】第86話 なつの提案した企画が短編動画に起用される


引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/15/

東京に帰ってきたなつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)。千遥に会えなかったことを亜矢美(山口智子)にも話すと、亜矢美は千遥の心情をくみ取って2人を元気づけてくれました。
東洋動画に出社したなつは、麻子(貫地谷しほり)と一緒に初めて原画を担当する漫画映画の企画案に『ヘンゼルとグレーテル』を提案します。
麻子もなつの提案に賛成してくれたものの、坂場(中川大志)は自分の意見を強引に押し通そうとして麻子や下山(川島明)と対立。
なつは坂場の情熱に心を動かされていき、認めるようになっていきます。
坂場君は進歩的な考え方なのか、よく周りの人と衝突しますが、まっすぐで情熱的で素敵ですね~。そんな彼の様子になつも一緒に仕事をしたいと思ってきているようです。

【なつぞら】第87話 仲間たちとアイデアを出し合ってわくわくするなつ


引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/15/

坂場(中川大志)は動画制作において、脚本家を立てずに自分たちでストーリーを生み出していくという方法を推進。
麻子(貫地谷しほり)は脚本は演出の方で書いてほしいと仲(井浦新)に相談しますが、仲もそのやり方を認める方向性のようでした。
麻子はイマイチ納得できないものの、なつ(広瀬すず)は坂場や新人アニメーターの航也(染谷将太)たちとアイデアを出し合って盛り上がり、あらすじを完成させます。
染谷将太さん演じる新人アニメーターの航也君の勢いがいいですね!航也君はジブリの宮崎駿さんの若いころにそっくりと話題です。

【なつぞら】第88話 声優専門の会社を立ち上げると言う咲太郎


引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/15/

なつ(広瀬すず)が短編動画の制作に張り切っているころ、兄の咲太郎(岡田将生)はこれから来るテレビ時代の到来を見越して、洋画やアニメにアテレコする声優専門の会社を立ち上げようとしていました。劇団に所属する雪次郎(山田裕貴)たちも、劇団はやめないまま声の仕事もやっていくことを説明します。
一方、なつ達はなかなかストーリーがまとまらず、そろそろ作画の作業に入らないと間に合わないと言う段階に。なつは夢で見た展開をイメージに描き、それを基に坂場(中川大志)がストーリーを作り、一緒に作品を作っていくのでした。
坂場君となつが急接近!常に先を見ている咲太郎おにいちゃんの先見の明にも驚かされます!

【なつぞら】第89話 気になっていた不安を麻子に単刀直入に聞くなつ


引用:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/15/

数日後、ストーリーができあがったことでようやく作画に入ることになった短編動画。
咲太郎(岡田将生)も、蘭子(鈴木杏樹)や雪次郎(山田裕貴)たち所属俳優をスタジオに集め、ある海外映画の吹き替え収録に臨んでいました。しかし、なまりが出てしまい何度もダメ出しをくらう雪次郎。
なつ(広瀬すず)は麻子(貫地谷しほり)に咲太郎の声優プロダクションを紹介しつつ、『ヘンゼルとグレーテル』について面白いと思うか率直に聞き出そうとします。
麻子は自分のことは気にしなくていい、作品のことだけ考えなさいと力強く言い、なつはようやく安心するのでした。
麻子さんはいつも厳しいけれど、自分の意思をしっかり持っていて、なつのことも素直に認めてくれるところがすごく素敵。気になることは陰でコソコソ言ったり想像してるだけじゃ解決しないので、なつのように勇気を出して直接聞く姿勢も大事ですよね~。

【なつぞら】第90話 突然東京にやってきた夕見子は・・・


引用:https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2019099384SC000/

声優の仕事がうまくいかず、落ち込んで風車で飲んだくれる雪次郎(山田裕貴)。そこに、突然北海道で大学に通っているはずの夕見子(福地桃子)が現れます。
驚くなつ(広瀬すず)や雪次郎たちの質問をはぐらかし、夕見子はどこかに行ってしまいました。
東洋動画では、なつの携わる短編映画の絵コンテが完成したところでした。ところが、それを見た仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)は、社会風刺ではないのかと指摘。下山(川島明)は、坂場(中川大志)には確かにそういう暗喩を好むところがあり、なつもその影響を受けてきているのではと話すのでした。
なまりの件で壁にぶちあたる雪次郎。他人になりきる役者や声優にとっては難しい問題です・・・。

【なつぞら】第15週のTVログ&Twitterの感想


引用:TVログ

「なつぞら」はNHKオンデマンドで見逃し配信を見ることができます!

まとめ

十勝で夕見子から意見され、短編動画の企画を思いついたなつ。新人アニメーターの航也君や坂場君と盛り上がってワクワクする様子が伝わってきますね!
でも、あれだけ大騒ぎして役者の道に進んだ雪次郎がなまりでダメ出しされたり、夕見子が急に東京に来たり、社会風刺と言われたり、不安の種は尽きません!
坂場君となつの距離感は順調に縮んでいっているようですが、次週のサブタイトルは「なつよ、恋の季節が来た」ですから!さらなる進展に期待大ですね~。

コメントを残す

*