ノーサイド・ゲーム1話・どん底ラグビー部を救え!エリート社員を大泉洋が熱演!主題歌はあの人!あらすじ・ネタバレ、視聴率!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!あやねえです。
先日の7月7日㈰から、池井戸潤氏の最新作「ノーサイド・ゲーム」が日曜劇場で始まりました。

日曜劇場と池井戸潤氏原作ドラマに外れ無し!
今回は、大企業の本社勤めだったエリート社員が、左遷された先の工場で何も知らないラグビー部の再建に奔走するというストーリー。
主演がコメディ色の強い大泉洋さんということですが、どんな演技が見られるのか楽しみです。

また、ラグビー部のメンバーで本物のラガーマンが出演するということで、たくましい筋肉美にも期待!?それではさっそく1話目のネタバレとあらすじを見て行きましょう!

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

 

【ノーサイド・ゲーム】1話の気になる視聴率は?

「ノーサイド・ゲーム」初回の視聴率は13.5%と好スタート!
あまり派手さがなく、どうなるのかなーとちょっと不安だったんですがイイ感じですね。初回の評判が良ければこれからどんどん上がっていくので、今後が楽しみです。

※視聴率はビデオリサーチ調べ。 

【ノーサイド・ゲーム】1話 あらすじと登場人物

登場人物

  • 君嶋隼人(大泉洋):トキワ自動車で勤続25年、エリート街道まっしぐらだったが、府中工場の総務部長に左遷されどん底ラグビー部のゼネラルマネージャーを兼務することに。
  • 君嶋真希(松たか子): 君嶋の妻で、10歳と8歳の男児の母。 明朗快活で楽天家。
  • 岸和田 徹(高橋光臣):アストロズの主将でポジションはCTB。府中工場総務部に勤務。
  • 佐倉多英(笹本玲奈):トキワ自動車府中工場の総務部員で、アストロズのアナリスト。ハキハキしていてラグビーに関する情報収集力や分析力が高い。
  • 滝川桂一郎(上川隆也):トキワ自動車の常務取締役営業本部長。次期社長候補。買収話に反発した君嶋と敵対していく。
  • 浜畑 譲(廣瀬俊朗): アストロズ不動のエースのSO(スタンドオフ)であり、元⽇本代表。府中⼯場営業部所属。関西弁で口が悪い。
  • 佐々 一(林家たま平):アストロズの新⼈ SH(スクラムハーフ)。府中⼯場営業部所属。気は弱いが優しい性格。
  • 島本 博(西郷輝彦):トキワ自動車創業社長。ラグビー好きでプラチナリーグ創設に賛同してアストロズを創設した。

工場に左遷されたエリート社員がラグビー部のGMに

君嶋隼人(大泉洋)はトキワ自動車の経営戦略室次長として、エリートコースを行くサラリーマン。
ある日、滝川常務(上川隆也)が強引に進める買収計画について反発。その意見書が島本 社長(西郷輝彦)に認められ買収は見送りとなるが、同時に君嶋は府中工場の総務部長へと左遷されることになる。

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

気の強い妻の真希(松たか子)は君嶋を奮起させ、2人の息子博人(市川右近)と尚人(盛永晶月)は「近くなってよかったね」「自転車で通えるじゃん」とのんき。

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

君嶋が府中工場へ赴くと、総務部員の多英(笹本玲奈)に案内されて盛大な歓迎を受ける。府中工場では、総務部長を務める者がトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGM(ゼネラルマネージャー)も兼務することになっていた。

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

主将の岸和田(高橋光臣)をはじめ、表向きは歓迎したアストロズのメンバーたちだったが、君嶋がラグビーに関して素人だと知ると文句を言い始める。君嶋もアストロズに年間14億もの予算が使われていることを知り、ラグビーが嫌いなこともあって気が進まない。
妻の真希に相談したところ、ラグビー部を廃部にすれば、アストロズを目の敵にしている滝川常務に本社に戻してもらえるのではないかと言われる。

アストロズの予算を大幅に削ろうとする君嶋

監督の選別や予算案を一任された君嶋は、アストロズの予算を大幅に減少。ラグビーは世間で盛り上がっていると噛みつく浜畑(廣瀬俊朗)に、アストロズの収益を突き付けてどれだけ貢献しているのかと逆に問い詰める君嶋。

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

アストロズのメンバーは練習のために15時に仕事を上がっているが、佐々(林家たま平)が発注した部品をまちがえて叱責されている場面を目撃し、「仕事もできない、試合にも勝てない」と徹底的に論破。
多英にアストロズをつぶそうとしているのかと問われ、「ラグビーが嫌いだ」とはっきり宣言する君嶋。君嶋の父親はラグビーをやっており、幼いころにそのことをからかわれて、ラグビーが嫌いになっていたのであった。

アストロズのあら捜しをして廃部へ推し進める君嶋

滝川常務からアストロズの今後についての意見書を作成してほしいと言われた君嶋は、アストロズの練習風景をつぶさに観察。その中で、佐々が練習に遅れてきたのに残業がついていないことに気づき、佐々の仕事場へ様子を見に行く君嶋。
実は、佐々は仕事のミスや資料作りなどを上司に押し付けられており、遅くまで練習していたことにしてサービス残業をしていたのだった。上に報告するという君嶋のところに浜畑がやってきて、「こうでもしないとラグビーを続けられない」と佐々の仕事を手伝い始めた。

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

君嶋は前任者の吉原(村田雄浩)からアストロズのことを任され、大学時代にラグビーのスーパースターに嫉妬し、社会に出たら絶対に負けないと誓ったことを話す。最終的に、君嶋は「アストロズは廃部が妥当である」という結論を出すのであった。

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

息子のためにラグビーに挑戦する君嶋

君嶋は息子の博人から「ラグビー教えて」と頼まれ、土曜日にアストロズの練習に参加するが、ユニフォームを着たひょろひょろの君嶋をあざ笑うメンバーたち。実践的なことを教えてほしいと言う君嶋に、「それならタックルをやってみろ」と、君嶋がいつも持っているノートを奪って尻を叩く浜畑。
雄たけびを上げてタックルする君嶋だったが、ぶざまに倒されてまたしてもメンバーたちに笑われてしまう。

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

手当てを受けていた君嶋は、グラウンドに社長が来たと聞いて急いで駆けつける。アストロズについてハッキリ言えと言う社長に、アストロズの厳しい現状について意見を述べる君嶋。弱気になる君嶋に、社長は「ハカ」というラグビーの試合前に行う儀式を挙げ鼓舞する。

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

意見書を持って本社に来た君嶋は、滝川常務の買収計画が進んでおり、さらにアストロズが廃部になれば社長交代もありえると知らされる。滝川に対面した君嶋は、利用されただけで本社に戻す気などまったくないことを突き付けられるのだった。

雨が降る中アストロズの練習場にやってきた君嶋。選手にぶつかられ倒れた君嶋に、「邪魔するんならどっかいけ」と吐き捨てる浜畑。
「私はどこへ行けばいいんだ!」と何度も何度もタックルを繰り返す君嶋は、とうとう浜畑をタックルで倒し、君嶋をたたえてそっとタオルをかける浜畑。

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

その夜家に帰った君嶋は、博人がいじめでサッカーボールをボロボロにされたことを知る。
博人がラグビーで強くなろうとしていたことに気づいた君嶋は、子供だろうと容赦しないという真希を押さえて、「ラグビーはケンカじゃない、スポーツだ」と諭し、最後には相手を許すことを教えるのだった。

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

アストロズをサポートすることを宣言する君嶋

アストロズの廃部を後押しする意見書を出したことで、メンバーたちから説明を求められる君嶋。予算案0という書類に憤るメンバーたちに、君嶋は「これが君たちの価値だ」と現状を突きつける。

「サラリーマンに努力賞なんてものはない」、「現状維持でいいという姿勢が負け犬だ」と次々に厳しい言葉を浴びせるものの、「今はどん底だ、後は上だけを見ろ」と今後の希望を熱く語っていく。

引用:https://tver.jp/corner/f0036908

これからは自身の経営戦略の経験を活かし、徹底的にサポートすると宣言。実は、君嶋は「もう1年様子を見るべきだ」と書き加えた意見書を差し替えていたのだった。君嶋に奮起させられ、プラチナリーグの優勝を目指し新たに練習に励み始める選手たちであった。

【ノーサイド・ゲーム】1話のTwitter&TVログの感想・評価は?

最初は関西弁の浜畑くんの態度の悪さに、「こんなラグビー部廃部にしてしまえ!」と思ってしまったあやねえですが、君嶋GMは感情に流されず冷静に分析して、見事選手と心を通わせました。

一見頼りなさそうで、「水曜どうでしょう」などのコミカルな印象が強い大泉洋さんですが、終盤の8分間の演説、すごくかっこよくて頼りがいありましたよねー!

改めていい役者さんだと感じた人も多いみたいですよ!

引用:TVログ

【ノーサイド・ゲーム】次回の予告&予想

アストロズのGMとして新たな監督探しを始めた君嶋だったが、なかなか有力な候補は見つからない。そんな時、有名大学のラグビーチームを3連覇に導いていながら辞任を余儀なくされた柴門の存在を知る。柴門は君嶋の大学時代の知り合いだった。
本社では、滝川常務の買収話が進んでおり、滝川が社長になれば君嶋が本社に戻れる確率はほとんどなくなってしまう・・・。

次回は、アストロズの監督を探す回になりそう。今回でも出てきた大学時代のスーパーヒーローが関わってくるようですね。君嶋GMはどんな戦略を立ててくるのでしょうか!?

【ノーサイド・ゲーム】主題歌はなんとあの人の曲!

「ノーサイドゲーム」の主題歌は放送まで明かされていなかったんですが、君嶋GMの演説が終わってから流れ始める音楽・・・この歌声はまさか!と思ったらやっぱり米津玄師さんでした!!
主題歌が流れるまで秘密にしているなんて憎い演出!でも楽しみがまた一つ増えましたね!

まとめ

前クールの福山雅治さん演じる熱血上司も素敵でしたが、大泉洋さんの冷静で的確な上司もいいですね!選手たちへの言葉もすごく真っ当で、説得力があって役柄でこんなに変わるんだな~とびっくりしました!
上川達也さんの悪役ぶりもみものとなりそう~!!
初回からこんなに夢中になるとは思っていなかった「ノーサイド・ゲーム」、これは毎週見るしかないですね!

コメントを残す

*