パーフェクトワールド 5話 究極の純愛!樹とつぐみの別れに涙…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、りかんぬです。

「パーフェクトワールド」5話が放送されましたね。
今まででいちばんツライ展開で、泣きすぎて翌日の仕事に影響が出ました(笑)。
そんな涙なしでは語れない、5話のネタバレあらすじをまとめました!

引用:https://realsound.jp/movie/2019/05/post-364303.html

【パーフェクトワールド】5話の気になる視聴率は?

1話は6.9%、2話は5.8%、3話は6.0%、4話は6.5%ときて、5話は6.1%。
ここまでの平均視聴率は6.1%。
この枠はもともと視聴率がそれほど高いわけじゃないですが、それにしても低い!
後半盛り上がって、この枠の平均視聴率5位の「FINAL CUT」(2018年・亀梨和也さん主演)になんとか並ぶくらいまで行ってほしいな〜と思います。

【パーフェクトワールド】キャストと4話のあらすじふりかえり

・鮎川樹(松坂桃李)大学時代の事故で車椅子になった一級建築士。「もう恋愛はいい」と言っていたが、つぐみに惹かれて、交際を始める。
・川奈つぐみ(山本美月)高校時代、鮎川に恋していた。鮎川と付き合い始める。
・長沢葵(中村ゆり)元看護師。事故で自暴自棄になっていた樹を立ち直らせた恩人。
・是枝洋貴(瀬戸康史)高校時代からずっとつぐみを好き。鮎川に惹かれていくつぐみに焦る。
・渡辺晴人(松村北斗)鮎川と同じ職場で働く社員。

失った足に痛みを感じる「幻肢痛」に苦しむ樹(松坂桃李)だが、助けを求めたのはつぐみではなくヘルパーの長沢(中村ゆり)だった。
つぐみ(山本美月)は仕事のかたわら、介護セミナーに通い、無理を重ねる。
そんなつぐみが心配でたまらない是枝(瀬戸康史)。
一方、晴人(松村北斗)は転倒による怪我で義足を使えなくなり、デートクラブで知り合ったつぐみの妹・しおり(岡崎紗絵)にも「障がい者とは付き合えない」と拒まれる。「障がいを乗り越えるなんて無理なんだよ」という晴人に対し、「それでも俺らにだからできることはある」と励ます樹。

【パーフェクトワールド】5話ネタバレあらすじ

全治2ヶ月のつぐみの怪我。「頼むから娘と別れてください」つぐみの父の土下座に樹の心は揺れる


引用:https://thetv.jp/news/detail/189903/1137456/

線路に落下したつぐみは、命には異常はないが足を骨折して全治2ヶ月という怪我を負った。
樹は、是枝につぐみが介護セミナーに通っていたことを聞き、また助けられなかった自分を責める。
目を覚ましたつぐみは、自分の怪我のことではなく、「手が届かなくてよかった。鮎川くんを巻き込まなくてよかった」と、樹の心配をする。
病室にやってきたつぐみの父に責められ、「申し訳ありませんでした」と謝罪する樹。


引用:https://realsound.jp/movie/2019/05/post-364303.html

しおりの携帯を借りて樹に電話するつぐみ。長沢が出たことで電話を切ってしまう。
その着信履歴を削除する長沢…。
翌日、つぐみの父に「あの子と別れてくれ」と頭を下げられる。
心臓が悪く、そう長くはない。どうしても自分の代わりに娘を背負って生きていける人に任せたいと床に膝をつけてまで、樹にお願いをする。

「障がい」という壁がふたりを阻む。つぐみに突き刺さる、是枝の「お前ら本当に幸せなのか?」という言葉

翌日、松本に帰るつぐみを見送りに行こうとする途中、意識を失う樹。
入院することになり、麻痺の範囲が広がるかもと言われ、「そしたら設計できなくなる」「どうやって生きてけばいいんだ」と動揺。
つぐみは松本で、自分の父親が樹に別れてくれと言ったことを知る。
「一生彼の世話をして生きていくつもりか」「世話をするなんて思ってない。わたしは彼は好きなだけ!」「彼じゃないなら一生誰とも付き合わない」と大げんか。

樹が入院していることを知って、是枝の運転で東京に帰るつぐみ。
「愛があれば障がいが乗り越えられるなんて幻想よ」と長沢に責められ、失意で病院をあとにする。

是枝にも「お前ら全然幸せに見えない」と言われるつぐみ。
ほっといてというつぐみに対し、子どもの頃から一緒なんだ、いまさらお前の存在消して生きるなんて無理だと返す。
つぐみを背負って帰る是枝。その姿を病室から見る樹の脳裏には、つぐみの父親の「娘を背負える人に任せたい」という言葉が浮かぶ。

最後のデート…好きだからこそ選んだ別れの道。

退院の目処がたった樹は、つぐみに電話をして、デートの約束を取り付ける。
すでに樹は別れの決意を固めていたーー。

軽井沢で楽しい1日を過ごすふたり。
「俺お前になんもしてやれないから」泣きながら伝える樹に、何も言えないつぐみ。
「お前のことどんどん不幸にしている」と言われて、大きく首を振ることしかできない。
「俺、川奈のこと本当に大切に思っている」「今までありがとう」「俺たち終わりにしよう」と、別れを告げる言葉に、つぐみはすがりつくように号泣する。

【パーフェクトワールド】5話の感想&評価は?

みんなラストの別れに号泣したようで…それはそうだよね。わかる…。同意…。
(悲しさのあまり語彙力が下がるりかんぬ)

TVログでも切ないという感想が。

【パーフェクトワールド】6話はつぐみが是枝と付き合い始める!?晴人としおりにも進展が!

樹への未練を断ち切るためにも、松本に帰ることに決めたつぐみ。
晴人は、しおりに「俺たち運命じゃない!?」と押せ押せムード。
樹とつぐみ、つぐみと是枝、晴人としおりの3組の行方が気になります。

まとめ

とうとうきてしまったふたりの別れ。
最後に言葉にならないイヤだという気持ちを表現するかのように樹にしがみつくつぐみとか、ほおを伝う涙を、掻くように誤魔化す樹とか、もう…(言葉にならない)。

撮影裏側はこんなに幸せそうなのに…!
お互い思いは残ったままなので、今後の展開が気になります!来週を待ちましょう。

<関連記事>

「パーフェクトワールド」は泣けるラブストーリー。松坂桃李は車椅子の建築士役・あらすじ&見どころは?
【パーフェクトワールド】1話ネタバレあらすじ!松坂桃李好演・車椅子障害者のリアルな心情を表現

【パーフェクトワールド】2話あらすじネタバレ&感想!松坂桃李と山本美月の純粋な恋に涙する女子多数

【パーフェクトワールド】3話 「ただ隣で寝るのはだめ?」に胸キュン!ネタバレあらすじ&感想!

【パーフェクトワールド】4話 障がいを平気なふりして生きる晴人に涙

コメントを残す

*