ラジエーションハウス特別編・旅立った唯織やラジハのメンバーのその後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。りかんぬです!

先週最終回が放送された「ラジエーションハウス」ですが、今回は2時間の特別編として戻ってきました!。
病院のみんなに見送られながら旅立った唯織ですが、飛行機の中で急病人と遭遇。そして、残ったメンバーの元には新たな患者が・・・。

雲の上と地上、それぞれどんなドラマが展開されていくのでしょうか?
特別編の詳しいネタバレあらすじをご紹介します!

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index12.html

tvlog

【ラジエーションハウス】特別編の気になる視聴率は?

「ラジエーションハウス」特別編の視聴率は15.6%!なんと最終回の視聴率を大幅に上回り、さらに最高視聴率更新となりました!
ずっと見続けた人も多いと思いますが、2時間の特別編で初めてこのドラマを見たという人もいるのかもしれませんね。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

【ラジエーションハウス】特別編 あらすじ

特別編登場人物

五十嵐唯織(窪田正孝):天才放射線技師。幼なじみの杏のためにこの道に進んだ。
甘春杏(本田翼):甘春総合病院前院長の娘で放射線科医。唯織のことは覚えていない。
広瀬裕乃(広瀬アリス):唯織の同僚の新人放射線技師。
辻村駿太郎(鈴木伸之):将来有望な整形外科医。
鏑木安富(浅野和之):診療部長兼放射線科医。
小野寺俊夫(遠藤憲一):放射線科技師長。
黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人):放射線技師。
大森渚(和久井映見):病院長。唯織の実力を認めている理解者。

黒川守(中島歩):東和医大の内科医。唯織と同じ飛行機に乗り合わせた。
菊島亨(イッセー尾形):世界的写真家。唯織が病気を突き止めた過去がある。

新たな約束を胸に旅立った唯織は意外な再開を果たす

杏(本田翼)やラジエーションハウスのメンバーたちに見送られながらアメリカへと旅立った唯織(窪田正孝)。
その飛行機の機内で一枚の写真を眺めていると、突然「いい写真だね」と声をかけられます。


引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index12.html

その声の主は世界的な写真家で、以前頭痛を訴えて甘春総合病院に搬送され、唯織が病気の原因を突き止めた菊島(イッセー尾形)でした。
菊島は、サンフランシスコ経由でアラスカに行き、流星群を撮影する予定とのこと。唯織と杏の約束の話を聞いていた菊島は、唯織に告白したのかを聞き、結局思いを告げられずに離れてしまう唯織に同情するのでした。

機内で急病人が現れ医療関係者が呼びかけられる

その時、機内が激しく揺れ写真を落してしまう唯織。また、突然外国人男性が苦しみだし、アナウンスで医療関係者が呼びかけられます。
偶然乗り合わせていた東和医大の内科医・黒川 (中島歩)が診察をしますが、発作に苦しむ男性は質問にも答えられない様子。

唯織も様子も見に行き、男性の状態や病院の診察券をチェックして、MRI検査を受けたかどうか手を握って答えるように呼びかけます。
唯織の問いかけにイエスを送る男性。発赤もあることから、造影剤を打ったことでアナフィラギーショックを起こしたことを突き止め、適切な処置を行いました。

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index12.html

右ひじを痛めた高校球児が訪れるラジエーションハウス

その頃、甘春総合病院のラジエーションハウスには、高校球児の良平(前田旺志郎)が検査に訪れていました。
担当した小野寺(遠藤憲一)は、良平に右側から話しかけても反応がないことに気づき、また、軒下(浜野謙太)に言われてサインをもらいに行った裕乃(広瀬アリス)も、良平の耳が聞こえづらいことに気づきました。
検査や診察の結果、良平の右ひじはただの打撲でしたが、良平はスランプに陥っていて野球も諦めるつもりでいました。

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index12.html

そのことを知ったラジエーションハウスのメンバーは、こんな時唯織だったらどうするかを考え、良平に耳のことを聞きに行きます。
杏や辻村(鈴木伸之)にも相談して良平を説得し、再度検査を行ったところ聴神経腫瘍であり、それにより野球も不調になっていたことが判明。

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index12.html

手術すれば治るとのことでしたが、それでは甲子園には間に合わず・・・。
落ち込む良平に高校時代にバスケで挫折の経験がある裕乃は、自分と重ね合わせてまだこれから新しい夢が続いていくと励まします。
良平は裕乃に野球をあきらめないことを約束し、将来有名になった時のためにとサインをほしがるメンバーたち。

再び危機に見舞われる機内

落とした写真を探そうとする唯織ですが、今度は機長の体調が悪くなったとCAに呼ばれた黒川の後をついて様子を見に行きます。
唯織が技師であることを知った黒川は「技師は口を出すな」と唯織を邪見に扱います。

しかし、唯織は人の命を救うことを最優先に考え、機長が病院で検査を受けたばかりだと聞き、病院に問い合わせてレントゲンの画像を送ってもらいます。

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index12.html

それを見た唯織は、機長が肺塞栓症を発症していることを突き止め、黒川にも一刻の猶予もないことを話し、緊急着陸してもらうようにCAに伝えます。


引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index12.html

横風が強く着陸に不安を抱える副機長に機長は無線で声をかけ、副機長は単独で無事緊急着陸に成功。
最後のフライトでこんなことになったと悔やみむ機長に、唯織は「見事なコンビネーションでした」と励ましました。

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index12.html

離れていても心はつながっている杏と唯織

乗客が飛行機を降りる中、必死で写真を探す唯織に、黒川は拾った写真を差し出し「今度は負けません」とライバル宣言。

その写真には、ラジエーションハウスのメンバーや杏たちが笑顔で写っていました。
その頃、杏も離れていても唯織の存在を身近に感じていました。

小野寺は院長の渚(和久井映見)から唯織の制服と職員証を受け取り、唯織の席をずっと残しておくことに。
後日、ラジエーションハウスには45歳の新人がやってきますが、メンバーは唯織の席をしっかり守っているのでした。

【ラジエーションハウス】特別編の感想&評価は?

特別編では、機内でも唯織の観察眼や冷静な対処で苦しむ人を救っていました。
ほかの病院の医師だけでなく、CAさんも唯織が技師だと知るとちょっと冷たくなるんですよね。
そんな冷遇にも負けずにしっかり診察する唯織はかっこいいです。
ラジエーションハウスのメンバーや杏たちも唯織がいなくなって寂しそうですが、いつか再会する時のためにしっかり自分自身を成長させようとする姿が素敵でした!

引用:TVログ

見逃し配信情報

「ラジエーションハウス」の見逃し配信はFODで見ることができます!
今なら初回1ヶ月無料!

FODを1ヶ月無料体験する

まとめ

予想外のお楽しみとなった特別編ですが、回想部分が大半で特別編と言うより総集編では?という声が多かったのも事実なんですよね~。
総集編はまた続編とか映画化が決まった時に改めて見たいです!

でも、唯織の帰りを待つ杏ちゃんの表情が穏やかで、みんなぞれぞれ頑張っている姿が見られてよかったかな?最後にちょこっと鏑木先生も出て、娘に「かっこいい」って言われて喜んでました!

ラジエーションハウスのメンバーには、また続編か映画化で会えることを願いたいと思います!

コメントを残す

*