【ラジエーションハウス】6話あらすじネタバレ&感想と気になる視聴率は?杏のピンチにまたしても唯織が活躍!唯織を危険視する鏑木はどう動く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。りかんぬです!

憂鬱な月曜日の楽しみとなってくれているドラマ「ラジエーションハウス」。
専門用語も多く、難しい内容になることもありますが、ラジエーションハウスの個性的な面々が飽きさせることなく物語を楽しませてくれます!

今回は、やたらと唯織を目の敵にしてうるさく言う鏑木先生がちょっとだけフィーチャーされていて、「あれ、意外といい人かも?」と思ってしまう展開に!
敵対している人と仲良くなる展開、嫌いじゃないです!

それでは、どういう内容なのか、詳しくご紹介していきます。

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index06.html

【ラジエーションハウス】6話の気になる視聴率は?

6話の視聴率はまだ公開されていませんが、前回に引き続いて10%台の数字が期待されます!

【ラジエーションハウス】6話 あらすじ

6話はラジエーションハウスの天敵(?)鏑木先生にも焦点を当てる内容となっています。

第6話登場人物

五十嵐唯織(窪田正孝):天才放射線技師。幼なじみの杏のためにこの道に進んだ。
甘春杏(本田翼):甘春総合病院前院長の娘で放射線科医。唯織のことは覚えていない。
広瀬裕乃(広瀬アリス):唯織の同僚の新人放射線技師。
辻村駿太郎(鈴木伸之):将来有望な整形外科医。
鏑木安富(浅野和之):診療部長兼放射線科医。
小野寺俊夫(遠藤憲一):放射線科技師長。
黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人):放射線技師。
大森渚(和久井映見):病院長。唯織の実力を認めている理解者。

唯織を危険視する鏑木のもくろみとは

放射線技師でありながら、医師と同じような読影をする唯織(窪田正孝)について、医師法に抵触する可能性があると渚(和久井映見)に進言する鏑木(浅野和之)。
唯織をかばう渚に、「何か問題があれば院長が責任を取るんですね」と念を押して去っていきます。

引用:https://tver.jp/episode/58102350

また、鏑木は軒下(浜野謙太)に唯織の監視を依頼し、唯織に問題行動がないか目を光らせていました。そんな鏑木が取材協力した医療小説を病院内で配布しており、杏(本田翼)と辻村(鈴木伸之)が仲良さげに本の内容について話しているのを見た唯織は、自分も会話に交じりたくてさっそく読み始めます。

引用:https://tver.jp/episode/58102350

腹部を強打して運ばれてきた少女にIVR手術を行おうとする杏だったが・・・

そんな折、公園のブランコから落下して手すりで腹部を強打した少女が運ばれてきます。
脾臓の損傷がありすぐに止血が必要な状態で、杏は体を透かして見ながら手術を行い、傷口が小さくて済むIVR(画像下治療)を提案します。
そこに、IVRに興味がありカテーテルの勉強もしていた悠木(矢野聖人)がサポートの立候補をしますが、こどもだから慎重にやりたいという理由で小野寺(遠藤憲一)を指名する杏。

引用:https://tver.jp/episode/58102350

少女の母親にもIVRを実施して体に傷が残らないことを説明する杏でしたが、鏑木は脾臓の損傷が激しいことからIVRを否定。バイタルも不安定であることから、患者の命を優先して開腹手術を行うことに。不満の残る技師たちでしたが、杏はIVRで助手の経験しかなく、技術不足で強行することができなかったのです。

引用:https://tver.jp/episode/58102350

偉大な父に追いつこうと必死な杏

開腹手術をすることになって取り乱す母親や、不満の残る技師たちの様子に責任を感じる杏。前院長の父は以前同じような少女のIVR手術を見事成し遂げたことがあり、自分の実力のなさを痛感し、落ち込む杏になんとか声をかけようとする唯織でしたが、辻村に先を越されてしまいます。

引用:https://tver.jp/episode/58102350

杏の父親は謙虚でおおらかで部下思い、病院中のスタッフから慕われていた名医でしたが、体調を崩して引退。杏は技術的にも人格的にも父親とは程遠く、ラジエーションハウスの面々からもあまりよく思われていなかったのです。

引用:https://tver.jp/episode/58102350

杏への意識を改めるラジエーションハウスの面々

鏑木の太鼓持ちである軒下は、鏑木が取材協力した小説をみんなに認めさせようと必死。
その中の一説「金閣寺にばかり目を奪われるが、その脇にある陸舟の松の存在に気づかない」というくだりを読み上げます。

しかし、誰も聞いておらず、唯織は医師が抱える責任の重さから、医師の不安を取り除いてあげたいとIVRの勉強に勤しんでいました。
それを聞いた技師たちはいったん帰りかけますが、杏が抱える責任の重さやプレッシャーなどに想いを馳せ、患者を救おうとする医師の手助けとなるべく、残って唯織と共にIVRの勉強をするのでした。

引用:https://tver.jp/episode/58102350

鏑木不在の中IVRの手術を決行することに

ある日、病院内で大腸がんの治療中の患者の容態が悪化。
腫瘍部分からの出血があり急いで止血する必要があるが、患者は心筋症も合併しており大きな手術には耐えられない・・・杏はIVRを行うことにしますが、鏑木は講演会に出ており不在。

担当医は鏑木を待つべきだと言うが、唯織を始めとする技師たちがサポートすると言い出し、杏が執刀することに。責任を取る覚悟の杏を前に何も言えない担当医、軒下は念のため鏑木にも連絡しておきました。

技師たちのサポートでIVR手術を成功させる杏

杏による手術で無事止血・・・と思いきや、バイタル低下、別の箇所で出血している可能性があるがそれが見つけられずに焦る杏。その時、唯織は「金閣寺にばかり目を奪われるが、その脇にある陸舟の松の存在に気づかない」というくだりを思い出し、大腸ではなく小腸からの出血ではないかと指摘、技師たちのサポートもあり手術は無事終了。

一方、鏑木は懇親会で美女と好物の牡蠣を楽しむところを断って、患者を救うためにタクシーを飛ばしているところでした。

引用:https://tver.jp/episode/58102350

思いがけないハイタッチ!鏑木の唯織を見る目も変わる?

手術終了後、また余計なことをして怒られるかと思いきや、杏にハイタッチされて喜ぶ唯織。

ようやく鏑木も到着しますが、手術が終わったと知って茫然。
誰もフォローしない中、唯織だけは鏑木を呼び止めて小説からヒントを得たことにお礼を言いべた褒めし、複雑な心境の鏑木を残して去って行きました。

引用:https://tver.jp/episode/58102350

【ラジエーションハウス】6話の感想&評価は?

今回も優れた観察眼で杏を救った唯織。
杏からの信頼感は着実に上がって行っていますね。
絡みは少ないですが、杏にハイタッチされてうれしそうに手を見つける唯織が愛おしい!
鏑木先生や技師のそれぞれにスポットを当てる構成もとても素敵ですね。

引用:TVログ

【ラジエーションハウス】次回の予告&予想

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index07.html

初めて一人で当直を担当することになり不安でいっぱいの裕乃。緊急時に備えるのは軒下で、さらに不安を覚えることに。
軒下は実は医者になるのが夢で、検査を受けに来た初恋の相手から「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えず・・・。
一方、杏は唯織に意見を求めることが多くなり、鏑木に技師に甘えていると注意される。

次回は唯織の同僚である軒下にスポットライトが当てられる模様。
ふだんは鏑木の太鼓持ちで、あまりやる気の感じられない軒下ですが、初恋の相手が検査を受けることで意識が変わるのかもしれません。
唯織に頼るようになった杏の気持ちも気になりますが、唯織の求める関係性になれるのでしょうか・・・?

まとめ

今回は、個人的には鏑木先生の回!出世欲だけでなく、本当に患者さんのことを考えた言動であることがわかってなんだかうれしいです。

唯織は相変わらず陰で杏を助けるのに必死ですが、鏑木先生にきちんとお礼も言えて、意外とみんなの潤滑油になっているのかも?いつも辻村に先を越されているので、杏に対してはもっと積極的にいってほしいですね~。物語も後半に入ってきているので、今後急展開になる予感!

 

関連記事

【ラジエーションハウス】窪田正孝&本田翼主演の月9!あらすじや見どころは?

【ラジエーションハウス】1話ネタバレ&視聴率!コミュ障放射線技師・窪田正孝にかわいいの声多数

【ラジエーションハウス】4話あらすじネタバレ&感想・視聴率!広瀬アリスの制服・ユニフォーム姿!杏と唯織の距離感も急接近!?

【ラジエーションハウス】5話あらすじネタバレ&感想・視聴率!唯織の観察眼で事件解決!窪田正孝のかわいらしさで深刻な話もホッコリ!