【同期のサクラ】高畑充希が「過保護のカホコ」の脚本家と再タッグ!あらすじや見どころは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは〜!ゆなです!

今回は高畑充希さん主演のドラマ「同期のサクラ」を紹介していきます!
「過保護のカホコ」の主演×脚本家の再タッグが話題になっている本作。いよいよ第一回の放送が10月9日に迫ってきました〜。

「家政婦のミタ」などの脚本を手がけたヒットメーカーの遊川和彦さん。今回はどんな女性を描いてくれるのでしょうか?きっと高畑充希さんがその期待に応え、不思議で魅力のあるキャラクターに仕上げてくれるはずですよね!

そして主人公の同期として橋本愛さんや新田真剣佑さんも出演!
実力派の若手が集結しているのも、ゆな的には気になるポイントです。

それでは「同期のサクラ」をまだ見ようか迷っている人のために、本記事ではあらすじやチェックしておきたいポイントなど、詳しくご紹介していきますね!ぜひ、参考にしてください!

引用:https://thetv.jp/news/detail/206768/

 

【 同期のサクラ 】10月9日スタート!キャスト紹介!若手実力派が集結!

忖度できない主人公がボロボロになっても自分の夢に突き進む!

「同期のサクラ」は1話で1年を丁寧に描き、合わせて10年間の出来事を描く作品です。人は時間がたつと変化をする生き物ですが…10年間全く変わらない主人公・サクラを高畑充希さんが演じます。

【ドラマ情報】

日テレ 水曜22:00〜22:54
初回 2019年10月9日スタート
出演 高畑充希 橋本愛 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音 相武紗季 椎名桔平
脚本 遊川和彦
公式サイト https://www.ntv.co.jp/sakura2019/
公式ツイッター https://twitter.com/douki_sakura
公式Iインスタ https://www.instagram.com/douki_sakura/

引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/caststaff/

北野桜 役(高畑充希)


引用:https://www.horipro.co.jp/takahatamitsuki/

「花村建設」の新入社員。夢は北にある離島の「故郷と本土を結ぶ橋を架けること」。忖度できない性格で、どんな困難にも立ち向かい自分を曲げない強い女性。自分を貫くことで社会人としての歯車が狂い始めるが、それでも10年自分を変えず立ち向かい続ける。

主演の高畑充希さんは「過保護のカホコ」以来の遊川和彦さんとの再タッグ!カホコも「普通」という枠では収まらないキャラクターでしたが、今回のサクラもかなり個性的な人物なようで楽しみです〜。

月村百合 役(橋本愛)


引用:https://www.sma.co.jp/s/sma/artist/65#/news/0

「花村建設」の新入社員でサクラの同期。忖度しないサクラとは対照的で、クールに場の空気を読む人物。自分の居場所を探している今どきの若者である。

脚本家の遊川和彦さんもプロデューサーの大平太さんも橋本愛さんにはラブコールを贈り続け、念願かなってやっとタッグを組むことになったそう!新しい橋本愛さんが見られるのでは?と期待しています。

参考:https://natalie.mu/eiga/news/344474

木島葵 役(新田真剣佑)


引用:https://www.topcoat.co.jp/artist/arata-mackenyu/profile/

「花村建設」の新入社員でサクラの同期。父が国土交通省の幹部で兄も東大卒。自身は東大不合格というコンプレックスを持ちながらも花村建設の社長を目指す野心家である。

サクラの同期に一人ですが、とにかく他のメンバーを見ても「この同期メンバー羨ましい〜」と思ってしまうほどの美男美女!木島葵はサクラと恋に落ちるかもしれない!?設定とのことで気になります。

清水菊夫 役(竜星涼)


引用:https://talent.thetv.jp/person/1000081394/

「花村建設」の新入社員でサクラの同期。元応援部の熱血青年。先輩のススメで会社を選んだこともあり、熱い性格の持ち主ながら将来の目標が決まっているわけではない。その部分で少しサクラに引け目を感じている。

竜星涼さんはクールな役や熱い男などさまざまな役柄にマッチする役者さんなので、今回もどんな熱い男を演じてくれるのか、とても楽しみです!

土井蓮太郎 役(岡山天音)


引用:http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=13

「花村建設」の新入社員でサクラの同期。ネガティブな性格のためサクラのように夢を熱く語る人物に対してイマイチ心を開けない。しかし努力家で能力もキチンとある熊本出身の青年。

岡山天音さんは、その独特の雰囲気から「あ〜、こういう人同期にいそう」と思わせてくれる稀有な存在ですよね。今回も同期5人組でどんなポジンションになるのでしょうか?

火野すみれ 役(相武紗季)


引用:http://www.box-corporation.com/saki_aibu/

「花村建設」の社員で人事部に勤めている。サクラたちの研修を担当した人物で働く母でもある。

2017年に相武紗季さん自身も出産されているので、すみれと同じ働くママさんですね。サクラたちとは10歳年の離れたすみれが、どのようにサクラと関わっていくのかも気になる所です。

黒川森雄 役(椎名桔平)


引用:https://www.stardust.co.jp/section1/profile/shiinakippei.html

「花村建設」の社員で人事部部長。サクラたち5人がどこへ配属されるのかはこの黒川にかかっている。サクラとは10年間深く関わり合うこととなる人物。

黒川森雄は今回、サクラたちの敵なのか味方なのか、まだ全貌が分かっていないミステリアスな人物とのこと。物語のポイントともなりそうなので、黒川の動向も要チェックですね!

【同期のサクラ】あらすじ 傷だらけになっても自分を曲げない主人公の10年間を描く!

「同期のサクラ」の見所はまず何と言っても「過保護のカホコ」チームが再タッグを組んでいるところですよね!カホコも不思議な女の子でしたが、今回のサクラもあらすじを読むにかなり変わった女性ののようです。見所と合わせてその他のポイントもチェックしていきましょう!

忖度できない主人公とそれに影響を受け変化していく同僚たち


引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/

北にある過疎の島から「花村建設」に入社するため上京した北野桜(高畑充希)。入社式で社長に物怖じせず意見する姿で同期に強烈な印象を残した。

そんなサクラの夢は「故郷と本土に橋を架けること」。それぞれの思いや目標がバラバラの新入社員の中で、自分の意見を曲げないサクラはやはりどこか浮いた存在。

研修でチームを組むことになった月村百合(橋本愛)、木島葵(新田真剣佑)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)の4人はそんなサクラの姿に冷めた目線を送っていたが、徐々にサクラに巻き込まれて行くことに…。

10年自分を曲げず目標に向かい続けたサクラ。一体その10年とはどんな人生だったのか?

【同期のサクラ】見どころ 原作や監督、スタッフにも注目!

「同期のサクラ」はヒットメーカーの遊川和彦さんが脚本を担当されています。そのこだわりや細かいところもぜひチェックしたいポイントなので紹介していきますね!

脚本は「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」遊川和彦さん!

「同期のサクラ」は「過保護のカホコ」でも高畑充希さんとタッグを組んでいた遊川和彦さんです!

代表作には「女王の教室」や「家政婦のミタ」など、高視聴率のドラマがずらり。少し風変わりで自分をしっかりと持った女性というのは遊川さんの得意とする女性キャラクターですよね!

今回のサクラも一筋縄ではいかない人物のようなので、存分に遊川ワールドを楽しめそうです。

登場人物の名前に含まれる花の意味!?

「同期のサクラ」は、サクラを含めた新入社員5人の名前に花の名前が入ってるのに気が付きましたか?それぞれの花言葉にも意味がありそうなので、各キャラクターの花言葉をまとめます。

桜・・・「精神美」「優美な女性」「純潔」
日本の国花でもあり、日本人の品格を表すシンボルだそうです。主人公のサクラもどこか精神の強さ、美しさを感じるキャラクターになっていそうですね。

百合・・・「純粋」「無垢」
百合は色によって花言葉が違うようで、白は「純潔」「威厳」、オレンジは「華麗」、ピンクは「虚栄心」、黄色は「陽気」だそうです。月村百合はどの色なのか?を予想するのも楽しそうです!

葵・・・「大望」「野心」「豊かな実り」「気高く威厳に満ちた美」
葵は植物の名称で、アオイ科の花に「タチアオイ」「ハイビスカス」などがあります。今回の木島葵にはピッタリの花言葉ですね。

菊・・・日本だと「高貴」「高潔」「高尚」英語だと「上機嫌」「元気」
清水菊夫のキャラクター的には英語の花言葉のほうが合っていそうですね!

蓮・・・「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」
色々な意味がある蓮の花言葉。今回の土井蓮太郎はどれなんでしょうか?「離れゆく愛」だったら悲しい〜…。

10年を通して描くファッション史も気になる!

「同期のサクラ」は10年に渡る物語を描きます。1話で1年を丁寧に描く構想のようで、その時代背景に合わせたファッションも見どころの一つ。

サクラが入社した当時2009年当時は「H&M」や「FOREVER21」などのファストファッションが前年の2008年に日本に上陸した頃でした。まだまだ女性誌などでは「男ウケ」を狙った肌見せが主流だったり、逆に森ガールなどの言葉が発生した年といえばイメージしやすいでしょうか?

サクラは田舎から上京してきたばかりなので、(多分)他の同期より垢抜けないファッションだと思われます。そこからどのように変化していくのか?このあたりもチェックポイントです!

ドラマのLINEアカウントも開設!

10月3日にドラマの公式LINEアカウントも開設されました!まだ登録しただけではドラマ情報と予告しか見られませんが、ドラマが始まったら各キャラクターのAIが登場するかもしれませんね!

真剣佑くんとやり取りできるかもしれない〜って考えただけで夢が広がります…。

気になる方は以下のURLからアクセスし、QRコードを読み取って友達追加して見てくださいね!

https://line.me/R/ti/p/%40423ludvq

【 同期のサクラ 】キャストのインタビューコメント

高畑充希さんのコメント

高畑充希さんはサクラについて「サクラは、どんなことがあっても忖度しません。サクラという女性は、ひたすら変わりません。変わることのほうが簡単な環境のなかで、10年間変わらない、ひとりの姿を描きます」と答えています。

また、ドラマのテーマについては「「変わっていくことが大人になること」って言われがちですが、「大人になるって何なんだろう?」、「変わらないって何だろう?」「変わるって何だろう?」というのを繊細に描いていければと思っています。」と自らも問いかけながら役に挑むようです。

どのようなドラマになるのか楽しみですが、高畑さんも「みんなで絶対に面白い作品にしようという気持ち満々で取り組んでおりますので、ぜひ楽しみにしていただければ嬉しいです。」と太鼓判を押していました!

橋本愛さんのコメント

橋本愛さんは今回の月村百合を演じることについて「沢山の勇気を持って生きる百合さんという女性を、勇気を持って演じたいと思います」と表現し、また「変わらないことの美しさと同等に、変わることの美しさをお伝えできれば」と意気込みを語っていました。

新田真剣佑さんのコメント

今回のドラマ現場について「どんな現場になるのか楽しみ」とコメントし、自身の演じる木島葵という役について「葵の10年間の成長と変化を楽しみながら演じられたら」と語っていました。

竜星涼さんのコメント

竜星涼さんは今回の作品について「自分の未来に対して明るい夢を持っている若者はどのくらいいるのだろうか? 明るい夢を忘れずに持ち続けてる大人はどこまでいるのだろう? 脚本を読んで、サクラのまぶしく、勇ましいセリフは胸を打つものがありました」と表現。

また、「菊夫という心優しい男が、本当の大人になるまでの10年を丁寧にみなさんに届けていきます」とコメントを寄せていました。

岡山天音さんのコメント

View this post on Instagram

swipeしてみてね👉👉👉 ‪#岡山天音 さん演じる蓮太郎は、設計部志望の理系男子📐🔎‬ ‪いつも「でも…」が口ぐせ🤔 ・‬ ‪この日は同期みんなに巻き込まれて、おしゃれカフェでたそがれています。‬ そう #たそが蓮太郎 です。 ‪#何を見てるの❓‬ ‪#その先には‬ ‪#可愛い子ちゃん⁉️‬ と思ったら、こっち向いてくれた😆 なかなかクセのある蓮太郎くんも10/9(水)よる10時から観られます🖤🖤🖤 お楽しみに♫ ‪#同期のサクラ‬ ‪#蓮太郎くん‬ ‪#テーマカラー は‬ ‪#黒‬ ‪#ですね‬ ‪#でも飲んでたのは #アイスラテ #中華が大嫌い #え #なんで❓ @douki_sakura

A post shared by 日本テレビ「同期のサクラ」 (@douki_sakura) on

岡山天音さんは今回のドラマについて「蓮太郎の喜びや悩みを僕自身が一緒に味わって、桜、百合、葵、菊夫とたくさんの事を学び、共に成長していければと思います。 自分の役割を全うし、〝同期〟のみんなと反響し合いながら、力強い作品にしていきたいです。」と意気込みを語っていました。

引用元:https://realsound.jp/movie/2019/08/post-398590.html
https://natalie.mu/eiga/news/344474
https://natalie.mu/eiga/news/345380
https://www.ntv.co.jp/sakura2019/articles/341pq2b2rvtbfc54ti6.html

【 同期のサクラ 】みんなの期待度は?

まとめ

遊川和彦さんの描く女性って自分の芯がしっかりありすぎて、周りの調子に合わせることができない主人公が多い印象。不器用だけどそのまっすぐさや曲げられなさ、忖度のできなさが普段色々なことに折り合いつけながら生きている私とかにはグサーッと刺さっちゃうんです…。

さてさて、今回のサクラはどんな信念を貫いてくれる女性なんでしょうか?
初回は10月9日水曜22時から!

まだ現時点で主題歌が決まっていないですが、「過保護のカホコ」と同じ星野源さんを熱望する声がtwitterで広がりを見せているので、誰になるのか気になるところですね〜!

まだまだ本放送まで時間がありますので、色々な予想をしつつ楽しみに待ちましょう!

コメントを残す

*