【集団左遷!!】1話あらすじネタバレ&感想!頑張る支店長の福山雅治さんが走りまくる姿に感動!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
集団左遷

こんにちわ〜!ゆなです!!

週明けって、なんかお仕事のエンジンかかるの時間かかりますよね。。。

そんな皆様!!週末の日曜の夜に見るのにぴったり!日曜劇場「集団左遷!!」はご覧になりましたか?
シリアスなドラマかと思いきや、意外とドタバタ感のあるコメディタッチに驚かれた人も多いかもしれませんね!
何より、クールな役の多かった福山雅治さんがあんなに顔芸するなんて・・・(ゆな的に受け入れるのに少し時間かかりそう・・・汗;)

1話のあらすじや見どころを詳細にチェックしましたので、気になっている人は参考にしてみてくださいね!

引用:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/gallery/

【集団左遷】1話の気になる視聴率は?過去のドラマと比べてどう?

「集団左遷!!」は、初回視聴率は13.8%とこのドラマ枠の過去の視聴率と比べ少し低めですが、今後の展開によってどんどん伸びていくことも期待できます!
ちなみに、前作「グッドワイフ」の初回視聴率は9.7%、「下町ロケット」の初回視聴率は13.6%なので、初回としては及第点ではないでしょうか!

【集団左遷】1話 あらすじ

ここからネタバレありのあらすじをご紹介していきます!見逃した方は見逃し配信もおすすめですよ!

<第1話登場人物>

・片岡 洋(福山雅治):大手メガバンクの三友銀行に入行してまじめに勤めてきたが、廃店予定の蒲田支店支店長に就任することに。世渡りベタで不器用な男。
・真山 徹(香川照之):大昭和銀行に入行後、合併で三友銀行員になる。蒲田支店副支店長。喜怒哀楽を表に出さず何を考えているかわからない。
・滝川 晃司(神木隆之介):成績優秀で運動神経も良く、イケメンでエリート。あることをきっかけに蒲田支店に左遷される。
・木田 美恵子(中村アン):元ヤンで努力家。セクハラしてきた上司を殴って蒲田支店に左遷。
・平 正樹(井之脇 海):家業を継ぐための社会勉強として入行した。気弱で「死にたい」が口癖の今どきの若者。
・藤田 秀樹(市村正親):大昭和銀行の出身で、三友銀行の頭取。実権は会長と副頭取に握られている。
・横山 輝生(三上博史):用心深く合理的な人事担当。大規模な人員削減と支店の統廃合を進める。

▼「集団左遷!!」詳しいドラマの内容やキャストについてはこちら
【集団左遷!!】福山雅治主演!下剋上エンターテインメント!あらすじやキャスト、見どころを調査!

支店長に昇進!と思いきや廃店が決まっていた支店だった・・・

集団左遷!!
引用:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/gallery/

大手メガバンク・三友銀行に勤める片岡洋(福山雅治)は、突然蒲田支店の支店長に就任を言い渡される。しかし、蒲田支店はすでに廃店が予定されており、大規模な支店の廃統合や人員削減の計画の一部だった。

都銀の三友銀行は、12年前に地銀の大昭和銀行を吸収合併、その2年後のリーマンショックにより大きな打撃を受け、徹底的な合理化を進み大勢のリストラや支店潰しが進んでいた。この大規模リストラを進めるのは、非常に合理的な人事担当の横山 輝生(三上博史)。廃店が決まっている支店の支店長を集め、半期業務目標を純利益100億円という無理な要求をだし、「ノルマが達成できなければ廃店」と伝える。

集団左遷!!
引用:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/gallery/

動揺する支店長たちだが、横山は「頑張らなくて結構です。余計なことはしないで頂きたい」と言い放ち、廃店した後は身の保証をすると約束する。

就任早々トラブル発生!

廃店にするだけでなく人員削減もする、つまり蒲田支店の行員は全員クビになると知った洋は、戸惑いつつも走って蒲田支店へ出勤。


そこにいたのは副支店長の真山 徹(香川照之)のみ。開店の30分前に出勤すればいいというゆるい雰囲気や、やる気のなさそうな行員に戸惑う洋。

朝礼で半期業務目標を告げることを真山に促されるが、そこに部下の平 正樹(井之脇 海)から電話があり、融資先の会社の米山社長が夜逃げしたことが告げられる。その口座から3500万円引き出されていて、このままでは大きな損失になってしまう。
同じく部下の滝川 晃司(神木隆之介)に案内を頼み、走って平と合流して夜逃げした社長を探しに行く洋。
集団左遷!!

引用:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/gallery/

その合間、真山から連絡があり、本部の臨店が入るため融資状況をチェックされるのであがいても無駄だと言われる。
なぜこのタイミングで臨店?と訝しむ洋だが、本部ではトラブルを聞きつけた横山が手を回していたのだった。

頑張っていいんだと気づいて奔走する!

臨店まで2日しかないため、平と一緒に片っ端から米山社長を探す洋。蒲田支店は大昭和銀行の本店だったこともあり、危機感のない社員たちだが、洋は「頑張らなくていい」と言われたことが気にかかっている。

集団左遷!!
引用:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/gallery/

そこに同僚からの電話で、「ノルマはこなさなくても臨店はこなさなければならない」と言われたことから、「探すのはセーフだ」と思い切り頑張ることにした洋。


融資先の会社を訪れた洋は、そこでツケを回収しに来ていたクラブのママと会い、米山がいつも指名していた女性を聞き出し、そこから米山を見つけることに成功。
金を返してもらおうとする洋だが、米山は車で逃亡。残された女性からキャディバッグを郵送したことを聞く。

無事臨店を乗り切った!と思いきや・・

臨店当日、キャディバッグの搬送先を張り込み、米山と乱闘になりながらバッグの中の札束を発見。無事3,500万円を取り返し臨店に間に合わせる。
損失は免れたが、融資の延滞報告書が一枚ないことを咎められ、滝川が延滞を隠したことを知り、その融資先は融資を全額回収されることになる。
滝川はその融資先が左遷されて初めて担当した小さな会社で救われた経験があり、融資を回収されたら確実に倒産することから、何とか助けてやりたいと思っていた。
集団左遷!!

引用:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/gallery/

延滞した理由も社長がケガをして取引先が撤退したことであることを洋に話し、洋はつい本部に掛け合ってみると請け負ってしまうが、「頑張らなくていい」ことを思い出す。


それでも本部の担当者に食い下がる洋、その会話の中で滝川は取引先が復活したら融資を再開してくれることに希望を見出し、何度も頼みに行く。
頑張っている滝川に協力したいが、真山に問い詰められ、とうとう半期業務目標の純利益100億円増を伝えることになる。
実は、真山は「頑張らなくていい」ことや廃店になることを前の支店長から聞かされていて、廃店になった後の行員たちの身の振り方のために、今は頑張らないでほしい、本部に逆らわないでほしいと頼む。

真山の熱意と「未来のために今をあきらめてほしい」という言葉に考えさせてほしいと答える洋。
廃店の支店長たちを集めた横山が主宰する食事会で、洋は滝川からの電話で融資先が別の支店に取られたことを知る。


余計なことはやめておけと言われる洋だが、食事会の最中、横山に歯向かい「働いている人間に失礼だ」と言い放つ。


最後には土下座をして「私に頑張らせてください」と頼み込み、ノルマを達成できたら廃店にしないでもらう約束を取り付けたのだった。

集団左遷!!

引用:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/gallery/

ここで「さあ、頑張ろうぜ~♪」のテーマソングが流れてエンディングへ!!

【集団左遷】1話のTwitter&TVログの感想&評価は?

ツイッターでは「集団左遷」が日本のトレンド1位!


神木君や井之脇君などの若手俳優より、誰より走って頑張っていた福山さん!
「頑張っていいんだ!」と希望を抱いた時の輝いた顔や、頑張っている部下を応援してあげたい気持ちなどが伝わって、「自分も頑張ろう」と思わせてくれます。
登場人物の設定や小物のこだわりなど、細かい部分までチェックして楽しんでいる人も多いようです!

TVログの感想

 


引用:TVログ

いつもクールでカッコイイ福山さんの、オーバーな演技に「違和感」という意見もちらほら。。。
ゆなもこんな福山さん見たこと無い!!と意外な気持ちでした〜!

【集団左遷】次回の予告&予想

2話では、「ノルマを達成したら廃店にならない」ことを蒲田支店のみんなに伝える洋だが、副支店長の真山は大反対。
張り切って頑張る洋と部下達だが、横山と通じている密告者がいる様子・・・?

ようやく全力で「頑張れる」ことに生き生きしている支店長。その頑張りが本部の暗躍を阻止できるのか、そして横山と通じているのは誰なのか、次回も非常に気になります!!

まとめ

「頑張る」って1話でこんなに出てくるドラマはほかにないんじゃないかと思うくらい頑張ってましたね~。コメディ色が強めですが、改めて見返してみたらそういう登場人物の本心が見えてきて、感動してしまいました・・・。

今仕事があることに感謝しつつ、今週も「頑張って」いきましょう!!

公式ツイッターの「左遷柳」も第2回あるそうですよ!