【ボイス 110緊急指令室】放送禁止!?猟奇的なグロさが話題の新ドラマ!見どころ・キャスト・あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!サイコものもアクションも海外ドラマも全部大好物のあやねえです。
そんな私が今クール1番注目したい新ドラマ「ボイス 110緊急指令室」が、7月13日(土)よりスタートします!

原作は猟奇的なシーンとスピーディーな展開で人気を集める韓国ドラマで、通報を受けた刑事たちが被害者の命を救うべく奔走する1分1秒を争うタイムリミットサスペンス!
ショッキングなシーンがあまりにもリアルに描かれ、韓国国内でも物議を醸した本作。そのドラマが日本版としてリメイク!これは楽しみ!
さっそく日本版のあらすじや見どころを、本作がいかほどかと共にお伝えしたいと思います!
引用:https://www.ntv.co.jp/voice/

待望のドラマ化!【ボイス 110緊急指令室】の内容を徹底紹介!

大ヒット人気ドラマのリメイク版で話題の「ボイス 110緊急指令室」は、2019年7月クールの日本テレビ「土曜ドラマ」枠で放送されます。

【ボイス 110緊急指令室】7月13日(土)スタート!

【ドラマ情報】
日本テレビ系列 土曜 22時~
脚本:浜田秀哉
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/voice/
公式Twitter:https://twitter.com/voice_ntv

【あらすじ】
犯罪被害者からの110番通報に対応する緊急指令室が舞台。通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」という被害者の生死を分ける『クライシスタイム』と呼ばれる時間。その時間内に人々を救うべく、新たに独自の捜査チーム「ECU」が設立される。

設立したのは緊急指令室の室長で、父を殺された過去を持つボイスプロファイラー・橘ひかり(真木よう子)。チームには同じく妻を殺された敏腕刑事・樋口彰吾(唐沢寿明)ら各分野のスペシャリストたちが召集される。
『声』を手がかりに、迫りくる凶悪犯罪者から被害者たちを救い、2人の愛する家族を無残に殺害した「真犯人」に迫る!

猟奇的で残酷なシーンが規制対象に!?原作は現在シーズン3が放送中・超話題の韓国ドラマ!


引用:http://www.cinemart.co.jp/dc/k/voice.html

日本題:ボイス〜112の奇跡〜
放送日:シーズン1:2017年1月~、シーズン2:2018年8月~、シーズン3:2019年5月~
放送局:OCN運営の韓国ケーブルテレビ「CJ ENM」
主な出演者:チャン・ヒョク、イ・ハナ、ペク・ソンヒョン、イェソン(SUPER JUNIOR)

原作は、サスペンスやサイコホラーといった特殊ジャンルが得意な韓国の映画専門チャンネルOCNが2017年に放送した「ボイス」。
全話を通して同時間帯視聴率1位を記録し、2018年には主役を変えてシーズン2が、そして現在はシーズン3が放送されている超話題の人気作品です。


引用:TVログ

ショッキングで残虐なシーンがあまりにもリアルに描かれ、韓国国内でも物議を醸した本作。

現在日本でも配信サイトなどで視聴可能ですが、モザイクがかかっている箇所もたくさんあります。
とにかくすべてがリアルで怖い!痛い!被害者も女子高生、7歳児、老女など容赦なく血まみれのボコボコに(涙)※下部にちょっとだけ画像載せました(閲覧注意(汗))

これを日本でどのように再現するのか!?原作ファンはとにかくそこが気になるところでしょう。

見逃し配信情報

韓国ドラマ「ボイス ~112の奇跡~」はFODHuluその他下記で視聴可能です!

FODを1ヶ月無料体験する
Huluを2週間無料で試す
Paravi(パラビ)を30日間無料で試す
Netflixを1ヶ月間無料で試す

注目のキャスト&見どころは「声」を手掛かりに事件解決に向かうECUチームの活躍!

見どころ1:愛する家族を無残に殺された2人が真犯人に迫る!


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/articles/267mpvcba9dhmf3yr6w.html

橘ひかりが緊急指令室に配属された頃、110番通報をしてきた女性(樋口の妻)が電話口の向こうで暴漢に殺されてしまい、さらに現場付近を巡回していた警官だったひかりの父親も同じ男に撲殺されるという事件がストーリーの始まり。

3年後、科捜研で難事件を解決し実績を積んだひかりは、2人を救えなかった悔しさからボイスプロファイルの専門家となり、緊急指令室の室長に就任、独自の捜査チームECUを新設します。そこに樋口を召集しますが、妻からの110通報を受けたひかりが新チームの室長だと知り、チームへの配属をかたくなに拒みます。

最初は反発していた樋口がひかりの能力を徐々に信じ、ついにはタッグを組んで真犯人に迫る姿は必見!雰囲気も原作にかなり似せたキャスティングだと思います!信頼の絆で繋がる2人の姿に注目して欲しい!

見どころ2:豪華なキャスティング!

樋口彰吾役・唐沢寿明さん


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/
ECU緊急出動班・班長。情熱的な性格で、かつては後輩たちからも慕われていた敏腕刑事だったが、妻を撲殺されてしまい人が変わる。妻は殺害される前、樋口に助けを求める電話をかけていたがそれに気づかなかったため、愛する人を守れなかったという重い十字架を背負っている。

橘ひかり役・真木よう子さん


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/
ECU・室長でボイスプロファイラー。幼少期の事故で微かな音も聞くことができる絶対聴感能力が生じた。3年前の事件で2人を救えなかった失意と悔しさに苛まれてボイスプロファイルの専門家に。真犯人の逮捕のため独自の捜査チーム・ECU(Emergency Call Unit)を新設する。

石川透役・増田貴久さん(NEWS)


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/
ECU緊急出動班のメンバー。樋口を兄貴と慕う若手敏腕刑事で、現在は樋口とバディを組んでいる。ムードメーカー的存在だが腕っぷしは強い。

沖原隆志役・木村祐一さん


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/
役柄:港東署強行犯係・係長。樋口の同期でかつてはバディを組んで数々の事件を解決してきたが、ECU設立後は樋口たちとしばしば対立する。人情味あふれるベテラン刑事。

森下栞役・石橋菜津美さん


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/
ECU・センター員。幼くして両親を亡くし裕福ではない環境で育つが、警察学校を首席で卒業。5か国語をマスターし、ひかりから能力を買われてECU入り。恋愛には興味がなく遊んでばかりの妹(矢作穂香)を心配している。居酒屋を営む森下志津(YOU)の姪。

緒方拓海役・田村健太郎さん


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/
ECU・センター員。情報分析のプロ。交番に勤務する警察官だったが、ホワイトハッカー(セキュリティーの専門家)としての能力をひかりにかわれてECU入り。

落合智明役・安井順平さん


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/
役柄:ECU・副室長。元は科捜研で働いていたがひかりから誘われてECUへ。ひかりの代わりに指令室を指揮することも。信頼が厚く温厚な性格だが慌てんぼうの一面も。

田所賢一役・小市慢太郎さん


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/
港東警察署・署長。ECUの創設を許可するが、活躍しすぎるECUを苦々しく思いはじめる。

森下葵役・矢作穂香さん


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/
役柄:森下栞の妹。栞とは正反対で明るく奔放な性格。叔母の志津の店でアルバイトをすることも。

森下志津役・YOUさん


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/
港東署の刑事が行きつけの居酒屋の店主。森下栞・葵姉妹の叔母で、実の母親のように姉妹の面倒を見てきた。樋口夫妻とは家族ぐるみの付き合い。

樋口未希役・菊池桃子さん


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/
殺された樋口の妻。ソーシャルワーカーとして弱き人々への支援活動をしていた。

タイトル「ボイス」の通り、事件解決の糸口は被害者たちからの「声」。そこに個性的なECUチームの面々が加わり、緊迫感あふれる展開で視聴者を魅了します!

【ボイス 110緊急指令室】はここを見逃すな!

ドラマが始まる前に、さらにドラマを楽しむためのポイントを押さえておきましょう!

ポイント1:本格的な迫力のハードアクション!


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/articles/267yk1fx5svrnjdjk3z.html
本格サスペンスアクションとあって犯人との格闘シーンが多い本作。「ハマの狂犬」の異名をとる敏腕刑事、樋口を演じる唐沢さんは、撮影前から体づくりをぬかりなく行っていたそうで、撮影ではキレのあるアクションを披露。迫力あふれる格闘シーンに注目です!


原作もテコンドー王国・韓国だけあって目まぐるしくスピーディーでハードなかなりのアクションシーンが多数出てきます。唐沢さんの再現度に期待ですね!!

ポイント2:手に汗握るスピーディーな展開!「声」を手がかりに事件を追う!


引用:https://www.ntv.co.jp/voice/articles/2670ablys4s4cuxkq3l.html
ドラマの最大の見どころは橘が「音」を手掛かりに現場の樋口と事件を解決していくところ!
1分1秒を争う臨場感ある展開がテンポの良さを生み、さらに各プロフェッショナルが協力し問題解決していく様はハラハラの連続ながらも痛快!

特に助けを求める被害者の声と、その後ろから聞こえてくる常人には聞こえない小さな環境音をヒントに、被害者の場所を特定し、冷静に指示を出すひかりの姿はまさに圧巻!誰もがその緊迫感に引き込まれるはず。

視聴者は「はやく!はやく!見つけてあげて~!!」って何度も叫んでしまうことでしょう!


引用:TVログ

ポイント3:時に事件の鍵を握る見逃せない「サポート男子」たち!

脇を固めるサポート男子にも注目!まずは樋口を慕う若手刑事・石川透役の増田貴久さん。今回は黒髪短髪にイメージチェンジして刑事役に初挑戦です。緊迫感で息が詰まりそうな作品を明るく照らしてくれるか!?

そして情報分析のプロ・緒方拓海役の田村健太郎さんは、映画「ちはやふる」に出演し、現在はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」にアニメーター役で出演している方!

原作ではそれぞれが巻き込まれる事件もあるので2人に注目しつつ、日本版に期待しましょう!

※ちなみに、本作は主演はじめ原作に雰囲気も似せたキャスティングをされていると思うのですが、
唯一!!原作では情報分析のプロ・緒方役のポジションはアイドル(SUPER JUNIORイェソンさん)が演じており、オフはクラブでDJ♪なイマドキ男子だったんです!!

さらに巻き込まれる事件では薬漬けにされちゃうのですが、日本の警察官でそのキャラと事件設定はちょっと難しかったんですかね~??クラブの事件、オシャレしてギャップ男子がかっこよかったし事件も面白かったんですが、さすがに( ˆ꒳ˆ; )


引用:http://program.tving.com/ocn/voice/10/Board/List引用:https://www.instagram.com/yesung1106/?hl=ja

ポイント4:原作は猟奇的でサイコなシーンが満載※閲覧注意!


引用:http://program.tving.com/ocn/voice/10/Board/List
原作は、サイコホラーが得意なOCN製作なだけあって、猟奇的な描写が多く含まれ、各シーンが大きな話題を呼びました。そのグロさが本当に容赦ない!動画だとここに載せられないレベルなので上記画像は優しめです(爆)

日本版ではあそこまでの残忍さの再現は難しいのではと言われていますが、現在公開されている第1話のあらすじが韓国版の第1話とほぼ同じなので、回が進むごとに残忍度が上がるそのグロさがどこまで再現されるのかに注目ですね。原作ファンを裏切らない展開に期待です!

※ちょっとだけ、原作のイメージがわかる動画を(あくまでまだまだマシなほうで…)
※こちらはネタバレ注意!!※

まとめ

予測のつかない緻密なストーリーと圧倒的な世界観が大きな話題を呼んだ韓国版「ボイス」。
凶悪犯たちとの迫力のアクションシーンや猟奇的なサイコシーンがある一方で、愛する妻を失い、喪失感を抱きながら戦い続ける主人公の姿はとても切なく、胸を打たれた方も多かったはず。

そんな超話題作のリメイク版、日本テレビ土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の放送スタート!まさに1秒1秒が「決死」のタイムリミットサスペンスに期待です!

コメントを残す

*