わたし、定時で帰ります 10話 「俺んち来る?」が胸キュンすぎた最終回!あらすじネタバレ&感想!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、あやねえです!

「わたし、定時で帰ります。」最終回終わってしまいましたね。
最終回は放送が延期され、吉高由里子さんが「娯楽は命あってのお話です」とツイートしたことも話題になりましたね。
仕事のピンチは乗り切れたのか?種田(向井理)と結衣(吉高由里子)はどうなったのか?気になる方々のため最終回を詳しくご紹介します!

引用:http://www.tvlife.jp/entame/230359/attachment/230359_02

【わたし、定時で帰ります。】最終話の気になる視聴率は?

「わたし、定時で帰ります」の視聴率は、1話から9.5%、10.4%、6.5%、8.4%、9.8%、10.3%、10.3%、9.1%、10.2%。

2度目となる最終回はなんと12.5%!(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

この枠のドラマでは、「カルテット」を抜き、最高視聴率の5位にランクイン。

(1位から「逃げるは恥だが役に立つ(20.8%)」、「義母と娘のブルース(19.2%)」、「あなたのことはそれほど(14.8%)」、「カンナさーん!(12.6%)」)

ネットニュースやツイッターの盛り上がりが広がっていった感じですね。

【わたし、定時で帰ります。】キャストと9話のあらすじふりかえり

 

東山結衣(吉高由里子):WEB制作会社に勤務するディレクター。定時で帰ることをモットーにしている。
種田晃太郎(向井理):結衣の元婚約者で副部長に就任してきた。
吾妻徹(柄本時生):中途採用のエンジニア。仕事はできるが、要領が悪く、サービス残業ばかりの毎日。
賤ケ岳八重(内田有紀):結衣の新人時代の教育係の先輩。双子を持つワーキングマザーで、2話では育休から復帰した。
来栖泰斗(泉澤祐希):結衣が教育係を務める新人。
福永清次(ユースケサンタマリア):結衣のいる部署の新任部長。強いものにまかれる日和見主義。
三谷佳菜子(シシド・カフカ):結衣の同僚WEBディレクター、転職組。今では結衣の飲み友達。
諏訪巧(中丸雄一):結衣の恋人でライバル社に勤めている。
桜宮(清水くるみ):派遣デザイナー。前職では巧と同じ会社にいた。

星印の案件が進むにつれ、疲弊していくネットヒーローズのメンバー。
福永がメンバーをそそのかして、サービス残業させていたのだ。
結衣は、それを見かねて自分も残業すると伝える。結婚準備もままならないほどのめまぐるしい日々が続く。
そんな中、種田にようになりたいと、朝も夜も働いていた来栖が倒れてしまう。
来栖と話したいと柊が言い、種田の実家で会うことになる。
柊は、自分が入った会社で、とにかく辛かったこと、電車に飛び込もうかと思ったこと、それを救ってくれたのは、結衣の「ズル休み」だったことを話し、「兄のような働き方をしないでほしい」と訴え、来栖もそれを受け入れる。
家に帰ると、巧が荷物をまとめていた。どうしたのかと動揺する結衣に対して、巧が言う。
「結衣ちゃんとは結婚できない」

合わせて読みたい!

【わたし、定時で帰ります。】10話のネタバレあらすじ

巧が浮気!婚約破棄!?納得できない結衣

会社の先輩と浮気したから結婚はできないという巧。
失意の中日々を過ごす結衣に、吾妻から「外注先が倒産した」と電話が入る。
納期に間に合わないと、フリーのエンジニアをあたる中、賤ケ岳が会社に戻ってくる。
賤ケ岳を前に、つい泣いてしまう結衣。


引用:https://www.cinemacafe.net/article/img/2019/06/26/62243/435852.html

巧が出て行ったしまったことを泣きながら話す結衣。
このまま別れるのは嫌だと、巧を呼び出して話そうとする。
自分が忙しくて巧を大事にできなかった、今の仕事が終わったら元の生活に戻すからやり直せないかという結衣に対し、結衣が種田は忙しくて自分を見てもらえないって言ってたから、自分は早く帰ろうと思ったと伝える。
「無理してそうしてたってこと?」
「そうじゃないよ。……そうだったのかも。このまま、一緒にいない方がいいと思った」
巧の返事はNOだった。

引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/watatei/010/index.html

種田と福永の決別——

種田に、巧とダメになったことを報告する結衣。
「好きになるとその人の都合のいいところしか見えなくなって、その人が本当は何を考えているのか見なくなっちゃう」と言う結衣。


引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/watatei/010/index.html

星印から帰ってきた種田が、結衣を呼び出す。
運用が、このままだとベーシックオンに取られる。運用を取るには条件があるという。
それは福永を外すこと。
星印の武田課長は、前いた会社を福永の無理な発注で潰されたのだ。
それでも福永を庇おうとする種田。リーマンショックがあり、会社を守るために自分の家を売り、妻子は離れ、それでも業績は悪化し続けた。
それが、今のような福永になってしまった理由だと言う。


引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/watatei/010/index.html

でも、今の福永は違う。「それでも福永さんを守りたいんですか」とまっすぐと聞いてくる結衣に対し、種田は悩み、「外れてもらうしかないだろうな」と言う。
「私が福永さんに話します。種田さんに言われたら傷つくよね」
結衣が話すと、「みんな最後に手のひら返すんだ!」「僕は自分一人のことで精一杯!」と、ひとしきりブチキレたあと、「疲れた〜」と呟く。

どこで間違っちゃったんだろうという福永に対し、「もう頑張るのやめちゃったらどうですか?」と言う結衣。
案件から降りるかどうか悩む福永に、「降りてください」と、現れた種田が頭を下げる。
「もう僕の言うことは聞けないんだね」と言う福永の言葉に、涙をこらえて「はい」と返す。
それに対し、福永は「わかった!降りる」と満面の笑みで答える。
最後に福永は、種田が働くのは自分が無理させているからじゃない、仕事が好きなんだ。それっていけないこと?と結衣に問う。

限界まで働く種田を心配する柊や結衣

結衣の元に、柊から電話が入る。
食事もろくに取らずに兄が仕事していることを心配して、「晃兄を助けてください。このままじゃ心も体も壊れちゃう」と訴える。
種田が倒れた時のことを思い出して「わかった、やってみる」と返す。


引用:https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/watatei/010/index.html

結衣は実家で父と話す。仕事で帰れない人の気持ちが今ならわかると話すと、「いちばん偉い人に直訴してみろ」と言われる。
自分が10年働いて得たものを、一つ残らず直訴してみろと。
結衣は、ウォーキング中の社長を捕まえて、思いの丈をぶつける。


引用:https://www.cinemacafe.net/article/img/2019/06/26/62243/435844.html

休日出勤中の制作4部で、管理部の石黒(TKO・木下)をヘルプで呼び寄せる結衣。
実は、石黒は元制作で、結衣の上司でもあり、会社で唯一過労で倒れた人物。会社がホワイト化に舵を取らざるおえなくなった、原因だった。
「会社のために自分がいるんじゃない、自分のために会社があるんだ」と社長の言葉を借りて伝えるが、それでも種田は「納入が終わったら休む」と聞かない。


引用:https://www.cinemacafe.net/article/2019/06/26/62243.html

無理した結衣が倒れてしまう!

休憩室でも頭痛薬を飲んで仕事をする結衣。驚異的なスピードで仕事を続ける種田。
制作4部も皆、休日にも関わらず遅くまで残っている。
「毎度〜上海飯店です〜これは賄賂よ!」と王丹が来るが、6,500円の領収書を種田に渡して「私が払うわけないじゃない!」と中国語でまくしたてる。

結衣は休憩を取ろうとするが、そのまま倒れてしまう。
休憩から帰らない結衣を心配して探しに行った種田が、血を流して倒れている結衣を発見する。
次に結衣が目を覚ましたときは、病院だった。
「こう…たろう?」
倒れてから1日半が経過していて、すでに納品が終わったことも知らされた。

なんで休憩するふりして仕事するんだと責める種田に対して、「晃太郎がどんな気持ちで働いているのか知りたくなった」と言う。
倒れた間、「仕事どころじゃない」と、ずっと結衣のそばにいたことを「似合わない」と笑われて、このまま結衣が目を覚まさなかったらどうしようって思ってた、なんで俺に休めって言ったのかわかった、「俺が…間違ってたんだな」と言う種田。
「私も間違ってた。大事な人を目の前で失う方が怖くて、晃太郎から逃げた」
涙を浮かべて種田を見つめる結衣。そして笑う。
「泣いた顔初めて見た」
「泣いてねえし」

種田が結衣に「俺んち、来る?」と告白!

結衣の復帰と納入を祝う会が上海飯店で行われる。
なんのために働くかは、考えたけど結果わからないが、たくさん食べてたっぷり寝て、それが大事と語る結衣。

種田の実家の居間で鉢会う種田と柊。
「これ美味いよ、食べたら?」「あ、うん」「なんか元気そうだね」「お前もな」
穏やかな時間が流れる。

マンションの鍵を巧に返す結衣。「今までありがとう楽しかった」「こちらこそ」
最後は笑顔で別れられた。

次のボーナスが出たら実家から引っ越すと言う結衣に対し、「俺んちくれば?」「マンションでも買うか?」と種田。
「なんのことですか?」と意味がわかってない結衣に、「だから、一緒に住もうって言ってんの」。
「ん〜〜〜前向きに検討させていただきます」と言い、笑顔で走って上海飯店のハッピーアワーに向かう二人。

【わたし、定時で帰ります。】最終話のtwitter・TVログの感想&評価は?

お仕事ドラマとしても、恋愛ドラマとしても見どころ盛りだくさんでしたね!

「種田さん」トレンド1位!
ツンデレで、なんか仕草がかわいくて、仕事ができるけど不器用で、最高に好き…。
無精髭やちょいダサな格好もかわいい…。
最終回は、結衣の前で泣いたのも良かったけど、福永の前で涙をこらえるのも素敵だった!

巧に関しては「本当は浮気してなかったんじゃないか」説も。
いい人だから、結衣が罪悪感を抱くことがないように別れたのかも…。
だとしたら、最高にいい人すぎる(笑)。

TVログの感想も種田さんのかっこいい一言に尽きたようです。

わた定ロスになりそうですね。


引用:TVログ

まとめ

「わたし、定時で帰ります。」きれいに終わりましたね!
最後は福永もなんか憑き物が落ちたようになっちゃって、逆にちょっと怖いわ(笑)。
とにかく種田ロス!ただただ種田ロス!
現実に種田はいないしという気持ち半分、この人好き…というのが半分だったのに、明日からは種田がいない現実しかない(笑)。

結衣ちゃんはこのまま定時で帰り続けて、種田はやっぱり懲りずに無理しちゃったりもしそうだけど、もう別れることなく、時には喧嘩しつつも仲良く過ごしていきそう。
婚約破棄2回して、最初の相手とより戻すって、これだけ聞いたら、どんな女やねんて感じ(笑)。

最後に一言!「ネットヒーローズに転職したーい」!
本当にいいドラマでした。原作は2巻があるので、続編希望。

「わたし、定時で帰ります」を見返したいという場合は、最新話はTVer(TVerは放送より一週間)、過去話はparaviで観られます。

わたしも、種田を見返します!

【関連記事】

【わたし、定時で帰ります。】見どころやキャスト、あらすじ紹介!吉高由里子主演のワーキングドラマ

【わたし、定時で帰ります。】1話あらすじネタバレ&感想!共感出来る!?吉高由里子が実現する働き方改革とは!

【わたし、定時で帰ります】3話あらすじネタバレ&視聴率&感想!向井理が理想の上司すぎて、現実世界と向き合えない女子も!

【わたし、定時で帰ります】4話あらすじネタバレ&感想!吉高由里子の「夢はなくても自分が幸せならいい」が心にしみる

わたし定時で帰ります5話・セクハラを受けた女子のために戦う結衣!

わたし、定時で帰ります 6話 元カレ種田が結衣を今でも好きだった!?

わたし、定時で帰ります 7話 酔った種田が「結衣を今でも好き」宣言!あらすじネタバレ・感想・視聴率も

わたし、定時で帰ります 8話 結衣と巧が初のケンカで家出⁉︎あらすじネタバレ・感想・視聴率も

わたし、定時で帰ります 9話 婚約者の巧が結衣に別れを告げる!あらすじネタバレ&感想!

コメントを残す

*